【クレームが寄せられたことはない?】ヤマトの仕分けバイトはブラックなのかを検証する

ヤマトに寄せられるクレームはいわば「揚げ足取り」的な、「それは難癖だろう…」と辟易させられるものから、明らかにこちら側の失態・過失で本当に申し訳なく思うものまで様々です。

 

大きな会社で、さらにはヤマトには配送のドライバーだけではなく、引越し部門もあれば営業所、ベースなど各セクションもありますので、クレームの数はとても多いです。

 

しかし、ではヤマトが「ブラック企業なのか」というと、なかなか判断に難しい部分があります。

 

特にヤマトの仕分け作業については常に求人が募集されていますので、興味がる一方、少し調べるて「ブラックっぽい」と判断する人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、改めてヤマトの仕分け作業がブラックなのかを判断してみるとしましょう。

「ブラック」の定義とは

まず、ブラックかそうではないかという点から考えなければなりません。

 

昨今、少し嫌なことがあるとすぐに「ブラック」と称される風潮がありますが、厳密にブラックと言える職場環境は以下のものなのではないでしょうか。

 

 

  • 賃金など環境面が求人募集と異なる
  • 有給休暇が取得できない
  • 各種ハラスメントが横行している

 

 

これらと考えてよいでしょう。

 

仕事量が多くて辛いという点も同情すべきではありますが、定時に帰れる、あるいは残業した分しっかりと報酬が出ているとなれば、「大変なお仕事」だと同情はしても「ブラック」とまでは言えないでしょう。

 

この観点から、ヤマトの仕分けバイトがブラックなのかを検証してみるとしましょう。

 

 

求人募集に相違はないのか?

ヤマトの仕分けバイトは求人サイトでも常に掲載されています。

 

そこに記載されている条件と実際に働く条件はほぼ同じです。

 

多少の残業がある点は求人サイトに明記されていますので、「募集要項に関しては」正しいです。

 

但し、こちらの記事でも紹介しているように、安全靴を用意しなければならない点だけは注意が必要です。

 

普通に考えると安全靴を持っている人の方が少数なので、その点で「聞いていた話と違う」と感じ、実際にその場でクレームを付ける人もいました。

有給休暇は取得できるの?

こちらに関しては、そもそも「取得する権利がない」が正しいです。

 

というのも、ヤマトの仕分けバイトは「日雇い」という形での雇用です。

 

どの会社でも人を雇うとなれば、従業員を各種保険に加入させなければなりません。

 

そのお金は会社が負担することになりますが、これは「3ヶ月以上の勤務」の場合です。

 

3か月以上の勤務の場合、いわば「常駐しての労働」になるからです。

 

そのため、ヤマトは仕分けバイトは「2か月まで」とし、「あくまでも臨時的に雇っている」という形式をとっています。

 

学生や主婦に関しては最大で半年まで働けますが、フリーターや社会人が副業で仕分けバイトをする場合、2ヶ月働いたら1ヶ月休まなければなりません。

 

そのため、「日雇い」である以上、有給の権利が生じない。

 

これがヤマトの見解です。

 

このやり方に対しては様々な意見があるかとは思いますが、「バイトでも有給は取得できるのか」という観点だけで考えると、「その権利がない」が答えになります。

 

但しバイトから契約社員になれば有給休暇は取得できるよになるのですが、取得に関してはベースによって異なるので、取得できるかどうかは一概には言えない部分です。

 

各種ハラスメントに関しては?

こちらに関しては残念ながら「意識が低い」と言わざるを得ません。

 

責任者のハラスメントへの意識はとても低く、こちらのサイトでも様々な形で紹介されていますが、問題は責任者だけではありません。

 

バイトから契約社員になると、「バイトの上」のような感覚になってしまい、バイトに対して偉そうな態度をとる作業員はとても多いです。

 

「上という立場」を利用して少し気に入らないことがあるとバイトに対して怒鳴りつけるということも珍しくありません。

 

ヤマトの仕分けがブラックとされているのは、仕事の大変さに加えてこうした作業員たちの「ハラスメントへの意識の低さ」が挙げられます。

 

仕事はとても大変です

仕分け作業は肉体的にとても大変です。

 

配送する荷物の仕分けになりますが、大きい物、重い物がひっきりなしに自分の持ち場に来ます。

 

荷物を仕分ける速度よりも荷物がどんどん自分の持ち場に来れば、当然荷物は溜まっていきます。

 

ここでもマイペースを貫く図太い人もいるのですが、荷物が多くなり、忙しくなると責任者、契約社員の怒号が飛び交います。

 

 

「流し方考えろ!」
「速く積め!」

 

 

要約するとこの二種類ですが、ただでさえ肉体的に大変なのに、責任者や直接の上司とも言うべき契約社員がイライラして怒鳴りつけることは珍しくありません。

 

つまり、ヤマトの仕分け作業が「ブラック」だとされているのは、ただでさえ肉体的に大きな負担を強いられるのに、責任者や契約社員の人間の存在がそのイメージを決定付けているのでしょう。

 

定義からすれば仕分けバイトはブラックではないのかもしれませんが、働いたバイトの方々が「ここはおかしい」「こんな所で二度と働きたくない」と感じるのも分からなくはありませんし、そこで「ヤマトの仕分けバイトはブラック」という風評を流すのもよく分かります…。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください