ヤマトに寄せられた「とあるクレーム」で結果的に社員が退社することに

ヤマトに寄せられるクレームには様々なものがあるとはいつもお伝えしている通りだが、今回お話することに関しては少々特異…というか、ある意味でのベースの現実を浮き彫りにしている話だ。

 

ヤマトのベースでの仕分け作業には学生から主婦、フリーターに副業の方など様々だ。

 

また、一口に副業と言っても昼間はサラリーマンとして働いて夜だけという方もいれば、自営業の方も多くみられた。

 

昼間は自分のお店で働いて夜はヤマトで仕分けという方もいれば、昼間はサラリーマンとして働いて会社帰りに夕方から夜にかけてヤマトでという方もいた。

 

その中に一人、昼間はダンプカーのドライバーという契約社員がいた。

 

彼はそれなりのベテランだが、実はその彼は強面で知られており、契約社員も圧倒されていて何も言えない存在だった。

 

つまり、ベース作業内では彼にあれこれ言える人がいなかったからこそ、今回お話するような事態に発展してしまったのだろう。

 

ダンブカーのドライバーは問題ではないが

 

その彼は昼間はダンプカーのドライバーとして働いていたのだが、何が問題なのかと言えばそのままダンプカーでベースまで訪れていたのだ。

 

そのベースは工業地域にあったのでベースの前にいわば数時間程路上駐車して作業していた。

 

本来これだけでも問題なのだが、ベースの社員はダンプカーの彼のことが怖いので何も言えなかったのだ。

 

だが工業地帯にあるそのベースでは、路上駐車していても警察がくるでもなく、いわば「黙認」状態であった。

 

しかし、そのヤマトのベースの前に新しく会社ができることになった。

 

そこは彼がダンプカーを路上駐車している目の前だったこともあり、その会社ができると当然そこから「うちの目の前にダンプカーが止まっている」とクレームが来ることになった。

 

「俺なら大丈夫」という過信があったのだろう

 

そのダンプカーの契約社員はヤマトの制服でやってきてそのままベースに入る。

 

事情を知らない人間が見れば「ヤマトのダンプカー」だと思うだろう。

 

実際、クレームを入れてきた会社も「ヤマトさんのダンプカーがいつもあって迷惑だからどかして欲しい」と伝えてきたのだ。

 

だが、少し事情が分かる方であれば「ヤマトにはダンプカーはない」ことくらいは分かる。

 

そのため、上層部にクレームが入れられても、上層部は「うちのダンプカーじゃないから勘違いしているのだろう」と真剣に取り合わなかったのだ。

 

「相手が勘違いしているんじゃないか」と。

 

そのため、クレームが寄せられても何も動かなかった。

 

そこで業を煮やした相手先が警察に要請。

 

結果、ベースにも警察から連絡が入り、そのダンプカーの運転手がやってきているということベース内の暗黙の了解が建物全体に知れ渡ることになった。

 

上層部からの厳重な注意

 

ベースの社員に「そのドライバーにダンプカーで来ないように注意するように」と伝えられたものの、ベースの社員たちはドライバーが怖くて注意さえできない。

 

そこで主管支店長が直々に注意することになった。

 

断っておくと、主管支店の中の一セクションに仕分け等のベースがあるので、ベース長よりも主管支店長の方が断然上の立場だ。

 

つまり、主管支店長がわざわざ動くことになったのは、ベースからすると「大失態」なのだ。

 

呼び出された彼の言い訳とは

 

主管支店長に呼び出されたダンプのドライバーの運転手は「時間的に仕方ない」の一点張りだった。

 

ダンプカーで来て路上駐車しなければ時間に間に合わない。

 

これが彼の理屈だったのが、そのような理屈が通る訳がない。

 

当然以降、ダンプカーでの出勤は禁止となった。

 

だが彼も彼で隙を見つけてはダンプカーでやってきた。

 

そこで厳重注意をしたところ、彼は逆切れして退社することになった。

 

「そんなに辞めて欲しいなら辞めてやると!」と。

 

この問題の根底にあるのはベースの体質

 

この問題には実はベースに蔓延するとある問題がある。

 

それは、仕分け作業が行われているベースの社員たちはいわば「強きものに弱く、弱きものに強い」のだ。

 

もしもだが、大人しそうな人間がベースの目の前にダンプカーで路上駐車でもしようものなら即座に注意されただろう。

 

しかし強面の契約社員だからこそ、放置されていた。

 

そして、その強面の契約社員も何も言われないからと良い気になっていたのだろう。

 

だがこれはダンプカーの路上駐車に限らず、仕分け作業全般に共通していることなのだ。

 

気の強そうな人間にはベースの社員は何も言わない。

 

いや、言えない。

 

だが気の弱そうな人間にはここぞとばかりに怒鳴り散らす。

 

ベースにはこのような体質が蔓延しているために、以前もお伝えしたようにヤマトの仕分け作業はブラックなのではと囁かれている。➔ 【クレームが寄せられたことはない?】ヤマトの仕分けバイトはブラックなのかを検証するcheck

 

良く言えば体育会系、悪く言えば古い時代の労働環境。

 

それが仕分け作業が行われているベースの実態だ。

 

このような環境を放置していたからこそ、仕分け作業に日本人バイトが集まらず、言葉の分からない外国人留学生に頼らざるを得ない状況となっているのだろう?

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください