【猛暑の弊害!?】クール宅急便へのとあるクレームは運送業界にとって難しい課題だ

ヤマトや佐川など、大手の運送会社にはクール便がある。

 

冷蔵・冷凍が用意され、常温での配送が困難なものでもクール便で配送することが可能だ。

 

クール便があるからこそ、冷凍や冷蔵の商品も通販会社は問題なく販売できるし、個人間でのやり取りでも可能だ。

 

しかし、そんなクール便はどうしてもクレームの対象になりやすい時期がある。

 

そう、夏場だ。

夏場はクールへのクレームが増える時期

夏場にクール便関連のクレームが増えるのは当然だ。

 

決して開き直っているわけではなく、単純に温度が高くて暑い日が続く。

 

2018年の夏など40度を超えた地域もあるなど、毎年のように夏の暑さが更新されている。

 

そして外の気温が高ければ高いほど、クール便との温度差が広がることになるので少し外に出しているだけでも解け始める。

 

正直、夏場はクールのドライバーは大変だろう。

 

その一方で、夏場になるとクール便の需要が増える。

 

夏は暑いからこそ、冷たいものを…となり、例えばアイスや冷蔵・冷凍のスイーツなどが通販でも売れるようになり、ではそれを誰が運ぶのかといえばクール便のドライバーになる。

 

長距離運送のトラックに冷蔵機能を搭載するのははっきり言って不可能だろう。

 

何十時間にも及ぶ可能性がある道を延々電気の力で冷却し続けるとなれば、トラックに搭載しきれないような大型のバッテリーが必要になるだろう。

 

だが小型車となれば話は別だ。

 

ヤマトにせよ佐川にせよ、地域を回る宅配便はクール用のトラックがある。

 

こちらはトラックに冷蔵・冷凍機能があるので冷やしながらの配送が可能だ。

 

しかし、夏の暑さはそれでもクールの荷物を溶かしてしまうのだ。

一軒家よりもマンションに多い

夏場のクール関連のクレームが多いのは一軒家よりもマンションだ。

 

それもそのはず、単純にトラックから荷物を出してお客様の手元に届けるまでの距離・時間。

 

これが一軒家とマンションではどうしても異なる。

 

一軒家の場合、お客様宅の近くにトラックを止めることができるのでクール便をトラックから出し、「常温の空間」に晒す時間が短くなる。

 

しかしマンションの場合、場所によっては駐車スペースそのものを見つけることさえ難しいだろう。

 

ましてやオートロックの場合、一旦エントランスで「足止め」を食らうことになるし、さらには同じマンションに複数の届け先がある場合、こちらも以前お伝えしたように、一度エントランスからの連絡となっているので、何度もインターホンを鳴らさなければならない。

 

インターホンを鳴らしてすぐに出てくれればよいだろう。

 

だが数十秒かかったり、あるいは結局不在の場合、当然その間は常温にさらしておくことになる。

 

さらに昨今はタワーマンションも増えている。

 

高層階ともなればエレベーターを使ってもどうしても時間がかかるし、常に1Fにエレベーターがあれば良いが、エレベーターを待っている間にもクールの荷物は常温にさらされることになる。

 

冷凍の場合、それなりに凍らせているが冷蔵の場合、どうしても溶けていってしまう。

 

結果、お客様が手にして開封した時には状態が悪くなり、クレーム…という流れだ。

決して対策をしていないわけではない

もちろんヤマトや佐川もそのような状況に対して「仕方ない」と開き直っているわけではない。

 

アウトドアで使うようなクールボックスを自ら手配し、トラックを降ろした後はクールボックスに荷物を入れて配送しているドライバーもいる。

 

ただし、どうしてもクールボックスに入りきらない荷物もあるし、クールボックスの効果とて永久的なものではないことを考えると、特にタワーマンションなど、高層階へのクール便の配送の場合、「人がいるように」「エレベーターがすぐに来るように」と願っているドライバーは多いだろう。

 

夏場のクール便はなかなか解決策が難しい

お客側も夏場のクール便の配達の難しさは分かってくれてはいるとはいえ、やはり自分の商品が溶けていてはクレームを入れたくなる気持ちも分からないではない。

 

ヤマトや佐川としても対策をとは思っても、毎年のように更新される暑さに対して、そもそも荷物はおろか人間さえ悲鳴を上げているのだ。

 

例えば営業所やベースの仕分け作業では冷房がないので作業員は暑さのこもった場所で作業をすることになるので当然だが水分補給等は口を酸っぱくして注意を喚起しているが、それでも熱中症を訴える作業員がいるのも事実だ。

運送業界はいろいろとアナログだからこそ

昨今、様々なサービスが「IT化」はおろか、AIの導入によってネット、コンピューターが導入されている。

 

もちろん運送業界でも導入できる部分は導入が進んでいる。

 

だが最後の「お客へのお届け」に関してはドライバーの手で、つまりはアナログなものだ。

 

ましてやそこには機械が運んでくれる訳ではなく、ドライバー自らの足で運ばなければならない。

 

「荷物が溶けている」というクレームは本当に恐縮だが、ではこの問題に対してどのようにアプローチすれば良いのかとなると、クールボックスを利用する以外は抜本的な解決策を見いだせないでいるのが現状だろう。

 

あまりこういったことは言ってはならないのだろうが、それでも「いやいや、それを考えるのが運送会社の役割だろ!」と思うお客は、クールの荷物は運送会社を頼るのではなく、自らの足で購入することをオススメする。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください