ドライバーだけじゃない!トラックには「あれ」も不足しているのをご存知ですか?

これまで様々なクレームを受けたが、対処に困るクレームもいくつかあった。

 

このように言っては失礼だが、とにかく謝り倒すことで相手の感情を抑え、問題解決となるようなクレームはそこまで難しいものではない。

 

しかし、謝ることではなく改善を求められるクレームの方が本質としては少々厄介だ。

 

今回はそんな「改善策が簡単には見当たらないクレーム」のお話だ。

 

トラックをどかせというクレーム

 

ヤマトの主管支店は基本的に工業地域にある。

 

それなりに大きな土地が必要になる以上、住宅地などに置ける訳がないし、そこから全国に向かって走り出すことを考えると高速道路や産業道路沿いの方が良い。

 

主管支店から全国各地に向けて走り出すトラックもいれば、逆に全国各地から主管支店目指して走っているトラックもある。

 

だからこそ道路環境の良い場所に主管支店はあるものだが、そのようなエリアはヤマトだけではなく、他にもいくつかの工場や倉庫などがある。

 

今回のクレーム主は主管支店の近くにあるとある企業からのものだった。

 

というのも、主管支店に入れないトラックがそれらの工場の前で待機しているのでどかせというものだ。

 

これは何ら理不尽なものではないし、もしも逆の立場であれば同じようにクレーム…というか、「勘弁してもらいたい」くらいは申し出るだろう。

 

普段であれば良いのだが、そのクレームが届いたのは12月。

 

そう、お歳暮という運送業界にとっては「繁忙期」だった。

 

繁忙期ともなれば主管支店にはとにかく多くのトラックが入る。

 

当然だが管内に入りきれないトラックもあるので外で待機してもらわざるを得ないのだが、主管支店の目の前ならいざ知らず、どうしても「入庫渋滞」が起きてしまうので、結局他の企業の目の前にも止まってしまうような形になる。

 

クレームに大きいも小さいもないとは思うが、さすがにこれに関しては解決策が見当たらなかった。

 

相手企業の動きによって「路駐不可」に

 

相手企業の前で、いわばトラックの路駐の行列ができてしまっていたのだ。

 

クレームが来ない訳がないが、その後の動きは速かった。

 

「善処します」としか答えられなかったものの、改善策など見当たらない。

 

結局何が問題なのかと言えば主管支店の面積というキャパシティの問題になる。

 

ドライバーとて荷物を運んでいるのであって、路駐したくてしている訳ではない。

 

むしろ彼らとて路駐など時間の無駄であって、早く主管支店に入って荷物を降ろし、新しい荷物を積んで動きたいことだろう。

 

特に遠くからのドライバーであれば疲れもあるだろう。

 

実は主管支店にはドライバーの仮眠室がある。

 

大浴場もあるので、路駐などしていないで少しでも早く休憩を取りたいと思っているドライバーもいるだろう。

 

つまり、ドライバーとしても「路駐を何とかしてもらいたい」と思っている側だ。

 

しかし相手企業の動き…というか、警察なのだろう、動きは速かった。

 

そのクレームを受けて一週間もしないうちに相手企業の前や周辺道路にポールが立てられてしまったのだ。

 

つまり、事実上路駐が不可能になった。

 

仕方ない問題ではあるが仕事が増えた

 

以降、ドライバーが主管支店に入る際には連絡が必須となった。

 

それもそのはず、いきなり来られても「今は入れない」になるからだ。

 

もちろん以前もある程度の大まかな運行状況は知らせていたが、主管支店最寄りのSAやPAから連絡を入れることが義務付けられるようになった。

 

この制度はあくまでも7月のお中元と12月のお歳暮の時期だけではあるが、ドライバー、主管支店共に負担が増えたのは言うまでもない。

 

トラックの待機問題は現実的に難しい

 

このようなトラックの待機問題は、ヤマトだけではなく、トラックを保有しているどの会社にとっても決して他人事ではないだろう。

 

トラックはただでさえ一般乗用車よりも大きいため、駐停車できる場所が限られている。

 

ドライバーが少しコンビニで休憩を…と思っても、2tや4tくらいであればともかく、8t、あるいはそれ以上ともなれば対応している駐車場がないので結局はSAやPAくらいしか「確実に」駐停車できる場所がない。

 

ドライバー同士で「あそこは道が広いから路駐しても大丈夫」「警察もあまりこないから穴場」など情報共有しているだろうが、本来であれば会社、あるいはドライバーへの依頼主が待機所まで用意しなければならない問題だ。

 

だが、どの会社も一度に複数のトラックに来られてしまうと対応できなくなるのも事実。

 

昨今、ドライバーの人手不足は社会問題になりつつあるが、運送会社にとってはトラックの待機問題もまた、頭の痛いところだ。

 

ましてやネット通販の拡大により、荷物量は増えている。

 

ヤマトや佐川がAmazonに背を向けたとしても、荷物量そのものが増えている以上運送業の負担はこれからも増える。

 

かといって運送業者は急には場所の拡大などできない。

 

この問題はまだまだ業界内のみの問題に留まっているが、抜本的な解決策を見つけられないと、次第に社会問題にまで発展しかねない。

 

しかし、残念ながら良い改善策が見当たらないのも事実だ。

 

特に都心の運送業者にとって、この問題は徐々に徐々に大きな問題になっていくのではなかろうか…。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください