【ヤマト運輸の仕分け作業をしている副業者からクレーム】支店長はクリスマス休みなのに強制出勤

ヤマト運輸の仕分け作業は近年外国人留学生が多くなっています。また、比較的多いのが自営業者やサラリーマンなど副業で働いているケースです。

 

短時間で働いている人もいれば発送作業時間の19時から21時で働いている人もいます。

 

ほとんどが22時前に終わるので時給1,000円でも1日出勤すればおよそ3,000円前後稼げます。

 

週に3日出勤するとしても、一ヶ月でおよそ数万円の「お小遣い」になる点や、慣れてくれば特にあれこれ言われるような職場ではない倉庫作業なので、急に休むことになってしまっても寛容に休める点が副業者に人気です。

 

シフト制の仕事は休むとなれば一人分の穴を開けてしまうことになりますが大人数の倉庫作業なので問題なく休めます。悪い言い方をすれば繁忙期以外は休んでも穴埋めしてくれる人はいるので大勢に影響を及ぼすことはありません。

 

今回は、そんな副業者から事務所に寄せられることが多いクレームの紹介です。

 

ヤマト運輸の仕分け作業を副業として行っている方々は、一日数時間、仕事帰りや土日のどちらかで働くケースが一般的です。

 

一口に副業と言っても人それぞれの考え方があります。

 

副業者たちからは日程調整について注文を付けられることが多いです。

 

ヤマト運輸の仕分け作業は基本的に自由出勤です。

 

ベースによって微妙に異なるかもしれませんが、私が知る限り一か月分の予定を一度に提出します。

 

例えば3月の予定であれば一か月分、どの日に出勤するのかを明記して2月10日までに提出します。

 

しかし、かつて提出日は20日までに次月度の休み希望を提出すれば良かったのですが、「15日まで」になり「10日まで」と徐々に前倒しされ「5日まで」になってしまったのです。

 

5日までに翌月の予定を提出するということは、3月の例で考えると2月5日までに3月1日~3月31日までの予定を提出することになります。(ヤマト運輸のこういうやり方にも代わりはいくらでもいるんだぞ!と、いう考え方が垣間見えますね)

 

当然のことながら、仕分け作業をしている副業者からは「一カ月半先の予定なんてわかるわけないだろう!」と、いうクレームになりました。

 

特に月末はどの会社でも忙しいですし、年末や年度末ともなれば2ヶ月も前に予定を出すのは副業をしている人達にとって厳しいです。(ヤマト運輸は副業をしている人達に早めに予定を出させることで人材の確保を半ば強制的にしようとしている訳です)

 

ヤマト運輸の言い分は「事務所の作業軽減のため」という副業者の事を何も考えていない言い分がありましたが、「そんな早くわかるわけないだろう」といったクレームが数多くありました。

 

支店長はクリスマス休みでも副業者は強制出勤

 

その一方で、強制出勤の日もあります。

 

強制出勤は年間にそれほどありませんが、クリスマスは強制出勤でした。

 

クリスマスは仕分け作業をしているベースにとって、クリスマスプレゼントの荷物やお歳暮、年内に届けたい荷物、年始の荷物で、1年でトップクラスの忙しさです。

(私がヤマト運輸の委託で仕事をしていた時、超繁忙期のクリスマス(日曜日)に支店長はお休みでした。ドライバーは全員出勤、支店長はお休み。司令塔の支店長が超繁忙期に休み?結論は、居ても居なくても大勢に影響ないということです。1年で一番忙しい時に管理職が休める会社を初めて見ました。)

 

仕分け作業副業者の不満の根底にあるのは「足元を見られている」

 

強制出勤に関してはヤマト運輸側の事情がありますが、副業で仕事をしている人にとっては「こちらにも予定がある」です。

 

しかし、仕分け作業副業者たちの不満の根底にあるのは、「足元を見られている」という点にあります。

 

例えば、12月25日のクリスマス、仕分け作業副業者は強制出勤になってもアルバイトの学生は休む人が多いです。

 

学生の場合、アルバイトはあくまでもアルバイトであって生活がかかっているいるものではありません。年に一度のイベント日に何で?仕分け作業をしなければならないんだ?というのが本音でしょう。

 

そういう理由で学生は欠勤が多いです。

 

すると、結局その穴埋めは副業者ということになります。

 

募集当初は「週に3日でOK」だったものが、「この日出れませんか?」「この日も出れませんか?」になります。

 

「だったら予定表なんて出させるな!」にもなりますし「学生にももっと働かせろ!」にもなります。

 

日程調整している責任者からは「副業の皆さんはお金が好きだから働けますよね?」といった言い回しで出勤を促されたら、出勤できる出来ないではなく、自尊心の問題として「出勤します」とは言いづらくなります。

 

ヤマト運輸に都合よく使われている仕分け作業副業者

 

社会に適応出来て責任感もありモチベーションが高くお金への思いもある。

 

ヤマト運輸からは学生より使い勝手が良いと思われているのでしょう。

 

仕分け作業はどの作業を担当するか?で作業負担が大きく異なります。

 

北海道や東北地方に発送する荷物の量と、東京都内に発送する荷物の量が同じ物量の訳がありません。

 

都内、あるいは大阪の都心部など荷物の多いエリアへの配送は副業者が担当するケースが多いです。

 

暫く働いていれば「明らかに自分が担当している場所の荷物が多い」と気付きますので、「ヤマト運輸に都合よく利用されている」と思うでしょう。

 

人員を配置をする責任者も、「学生は少し負担の大きなことをさせると辞めてしまう」と考えているだけに、副業者が現場の尻拭いをするポジションに配置されることが多く仕分け作業副業者の不満は溜まります。

 

仕事が出来る人間が、給料に差が付けられなく嫌な仕事をするのはストレスが溜まりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください