【佐川急便史上最悪の大事件】水増し請求問題で社長が謝罪!

会社を揺るがす大事件が、起きたことがある。

 

TOP便の水増し請求問題だ。

 

TOP便とは、荷物を時間指定出来る佐川急便の商品の一つだ。

 

この時の事件でTOP便という商品がなくなり、ジャストタイム便という商品になった。(内容は、ほぼ変わらず名前だけが変わった。この時の事件で、TOP便という言葉が悪い意味で認知されてしまったからだろう)

 

今でこそお客様にとって、だいぶお求めやすい価格になったが、今から20年くらい前までは、東京から関東近県まで送るのに、3辺100センチ(10キログラム)以内の荷物は、一律3500円もしていた。

 

その金額の高さに目をつけた、セールスドライバーがいた。

 

前回の「クール便でネジが送られてきた!」の話でもあったように、セールスドライバーは、配達、集荷が終わり店に帰れば、係長、課長、店長から、営業目標を達成出来たのかどうかを追求される。

 

まだ、チェックしてない人はコチラ⇒ クール便でネジが送られて来た!営業キャンペーンの舞台裏 check

 

セールスドライバーは、配達、集荷の他にも、請求書をお客様にお届けしたり集金もする。

 

毎日、同じコースを配達、集荷しているセールスドライバーは、お客様にお届けする請求書の内容にも気を配る?!

 

取引先の会社の経理担当者が、凄腕?!だと、全ての控えを確認して請求書の金額が、間違っていないかを確認している。

 

当たり前と言えば、当たり前のことですが・・・

 

凄腕経理担当者Aさん、「岡本さん、9月18日に発送した荷物の件なんだけど・・・、控えには、10キロって書いてあるんだけど、今日もらった請求書は、100キロで計算されているみたいなんだけど・・・」

 

岡本、「え?!・・・、確認いたしますので、後ほどご連絡致します。」

 

数時間後、・・・

 

岡本、「Aさん、確認しましたところ、私は、控えにも記載されている通り10キロと記入したのですが、金券は、複写になってまして丸が1個多く付いたように見えて、機械で処理する過程で100キロで計算されてしまいました。」

 

凄腕経理担当者Aさん、「岡本さん、請求書、訂正してくれる?!」

 

岡本、「・・・はい、かしこまりました。」

 

佐川急便では、売り上げが確定した後の請求書を訂正する作業は、大変!

 

封入伝票は、複写になっていて10キロの荷物が、丸が1個多く読み取られ100キロで請求されることもあった。

 

決して意図的に過剰請求しようとしているわけではないのだが、この手のミスもあった。(集荷から会社に帰って金券を提出する際、重量を確認することでこの手のミスは無くなった

 

佐川急便ルールでは、請求書が発行されて売上が確定してしまった後の、請求書訂正は大変な作業になる。

 

請求書の訂正依頼書に、事の詳細を記入して、店長の機嫌が良さそうな時を見計らって、何故、請求書を訂正しなければならなくなったのか?の過程を報告する。

 

ほとんどの場合、店長に、こてんぱんにやっつけられる。

 

O店長、「岡本~、ちゃんと管理出来てんのか? お前、係長向いてないんじゃないのか?」

 

岡本、「申し訳ありません。・・・」

 

と、いう具合にこてんぱんに叩きのめされる。

 

取引先の会社の経理担当者が、敏腕でない場合、過剰に請求してても何事も起こらない。

 

請求書に目を通していないからだ。

 

問題のセールスドライバーは、敏腕でない経理担当者がいる会社で、かつ、TOP便、航空便が、毎日、多く出荷されるお客様に目をつけた。

 

本来、10キロの荷物を100キロ、というように、重量、大きさを、ごまかして集荷していたのだが・・・

 

取引先の経理担当者が変わって、問題発覚!

 

ある時、その会社の経理担当者が変わり、敏腕でない経理担当者から、敏腕の経理担当者に変わって、問題が発覚した。

 

敏腕の経理担当者は、控えと請求書を、1件、1件、照合し、その月の請求金額が、佐川急便から過剰に請求されていることを、社長に報告した。

 

その会社の社長は、過去、数年に遡り全ての発送荷物の控えと請求書を照合した。

 

正確な金額は覚えていないが、数千万円の過剰請求があった。

 

当時、噂では、営業本部長の対応では、収まらず・・・、社長が対応して、どうにかこうにか収まったらしい。

 

会社からの営業店のセールスドライバーへの説明は、・・・

 

➀ 新聞や週刊誌で報道されているように、ある店所でTOP便の過剰請求があった。

 

➁ 報道の内容の通り大きさ、重量をごまかして集荷していた。

 

➂ もし、その件についてマスコミから質問をされたら、「その件は、会社の広報にお問い合わせ下さい。」、と答えろ。だけだった。

 

だが、問題は、1営業所の1人のドライバーの事件で収まらなくなってしまった。

 

この報道を聞いた佐川急便と取引をしている会社の社長は、当然、「うちは、大丈夫か?」、と思った。

 

その後、全国の佐川急便と、佐川急便と取引をしている全ての会社の問題へと発展する。

 

そして、他人事ではなく我が店所でも大事件が起きてしまった。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください