【パート一揆!?】ヤマトの年末年始の仕分け作業の時給に従業員からのクレームが…

昨今、人出不足とあってどの企業でもようやく従業員が「大切な存在」だと気付くようになってきた。

 

それまで、ヤマトや佐川に限らずどの企業でも基本的に「代わりはいくらでもいる」というスタンスだったかと思う。

 

だからこそ、従業員に対して「嫌なら他に行ってください」と言わんばかりの態度・環境だった会社も決して珍しくはないだろう。

 

それが今では「うちにいて下さい」という時代になったのだ。

 

労働者にとっては待ち焦がれた時代と言っても過言ではないが、そんな時代になる前、ヤマトの仕分け作業の契約社員からとあるクレーム…は言い過ぎだが、一悶着があったお話をご紹介しよう。

 

個人的に、年末年始となるとこの話を思い出すほど、インパクトのあった話だ。

 

時給アップが廃止された

それまでヤマトの仕分け作業はまさに「質より量」で、大量にバイトを雇っていた。

 

日雇いという制度で雇っているので2ヶ月で入れ代わり。

 

まさに「代わりはいくらでもいるから」と言わんばかりの制度だが、それでも以前は12月24日、25日や年末年始は荷物の量の増加と人出不足が顕著だったことから、臨時で時給アップを行っていた。

 

バブル時代にはその時だけは時給500円アップしていたベースもあるようだが、時代も代わり、さらにはリーマンショックの余波もあったのだろう。

 

毎年行っていたクリスマス、年末年始の時給アップを廃止すると決めたのだ。

 

人件費も無尽蔵にある訳ではないので仕方ない部分もあるのだが、これに対してパート社員やベテランのバイトが怒りを露わにしたのだ。

 

集団ボイコット…?

ヤマトそのものには労組はあるが、ベース作業に従事するパート契約やバイトには無縁の存在。

 

ベース側もそのような事情を承知しているからこそ、特別手当の廃止を決めたのだろう。

 

しかし、そこでパート社員たちが怒りを露わにしたのだ。

 

彼らの言い分としては、「時給上がらないのは分かったけど、じゃあ荷物の量は減るの?」というもの。

 

確かにこれは真理で、人件費に余裕がないから「臨時ボーナス」をカットせざるを得ないものの、だからといって荷物量が減るかといえば、決してそうではない。

 

まだまだ当時はアマゾンによってヤマトが混乱をきたす前ではあったものの、特にクリスマスともなればベース、営業所など全ての歯車が乱れる顕著なシーズン。

 

時給を下げると言っても荷物の量が減る訳ではない。

 

つまり、言い方は悪いがヤマトの行動は「時給は変わらないけど、でも忙しいから頑張ってね」という意思表示でもある。

 

これに対し、パート社員、そしてベテランのバイトがこぞって24日、そして25日を「休暇」にしたのだ。

 

パート契約社員、バイトは自由出勤

ヤマトの仕分け作業は契約社員であればシフト制の自由出勤。

 

一か月単位で予定を出すのだが、人員配置側も細かいところまで見ているのではなく、その日の労働者の総数しか見ていない。

 

つまり、「あの有能な契約社員が」とか「頼れるベテランバイトがいる」とかではなく、どんな人間であれ「1人」というカウントでしかない。

 

つまり、誰がいつ出勤なのかの細かい部分までは把握しておらず、24日、25日は人がいないなくらいにしか思っていなかったのだろう。

 

だが、「誰が出ないのか」までは分からないため、当日になるまで状況を把握できなかったのだ。

 

もちろん人数が少ないことは分かっていたので、しきりと出勤の協力を呼び掛けていたが、当日は契約社員、そしてベテランバイトがいないのだ。

 

12月から新たにバイトを始めた、まだまだ作業に慣れていない人間たちばかりが多くて、ベースは混乱状態に。

 

通常発送作業は22時が終了の目安だが、その日ばかりは0時過ぎまでかかった。

 

発送作業の遅れはトラックの遅れ、さらには到着作業の遅れなど、ヤマトの体系そのものに大きな支障をきたすことになる。

 

もちろんそういった事情を抜きに、当日は何から手を付けてよいのか分からないようなパニック状態となり、破損、誤仕分けもものすごい数となった。

 

懲りたからこその、以降の対応

これに懲りたのか、翌年からは時給を上げた…であれば良いのだが、契約社員は24日、25日が「強制出勤」となった。

 

「人を雇ってやってる」という姿勢が通用した時代ならではな話だろう。

 

もちろんこの対応に対してもクレームの声はあった。

 

そこで、ヤマト側としても「なるべく協力してくれ」と若干態度を軟化させたものだ。

 

ここ数年は事情も変わってきていて、再びクリスマスや年末年始には僅かではあるが時給を上げている所もあるだろう。

 

むしろ空前絶後の売り手市場だ。

 

このような姿勢を打ち出していたは労働者の確保などままならないだろう。

 

それを思えば今の時代は経営者にとっては大変な時代だが、労働者にとっては決して悪くはない時代なのかもしれない。

 

だが、これまで「雇ってやってる」「代わりなどいくらでもいる」と思っていた企業はなかなか考え方を修正できないので、これからの人材獲得競争では苦戦を強いられることになるだろう。

 

ヤマトもドライバーへの環境は徐々に改善傾向が見られるものの、営業所やベースのスタッフに対しての待遇ははっきり言ってまだまだ「文句があるなら他に行ってください」と言わんばかりのものだ。

 

その点も含めて、ヤマトが今後どのような環境を用意するのか見ものではある。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください