【泣きたいのはどっち!?】ゴールデンウィーク中にヤマトによくくるクレームは定番の・・・

そろそろゴールデンウィークも見えてきました。

 

2019年は大型連休という企業も多いのではないでしょうか。

 

カレンダー的なものはもちろんですが、働き方改革も重なって社員に大型連休をと考える企業が増えています。

 

しかし、運送業は残念ながらそこまでの大型連休を取れるような環境ではないでしょう。

 

本社に務めている方々は大型連休も可能かと思いますが、現場のドライバー、事務員にとっては大型連休など夢のまた夢。

 

そんなゴールデンウィークに毎年のように寄せられるクレームがあるのをご存知でしょうか?

 

多くの方の予想通り、「不在」に関してのクレームです

 

ヤマトに限らず、どの運送業もゴールデンウィークであっても配達を行っています。

 

幸いなことに、ゴールデンウィークはお中元お歳暮シーズンでもなければ、バレンタインやクリスマスのようなイベントが重なっている訳ではありませんので荷物量そのものに関しては平時と変わりませんので、ドライバーや現場スタッフの負担が極端に増えるということはありません。

 

一方で、世間は大型休日とあって行楽シーズン。

 

そのため、道路が混み合うことで影響は受けます。

 

ゴールデンウィークは高速道路・一般道を問わずにどうしても混み合います。

 

また、ゴールデンウィークの前半の場合、日中の渋滞を避けて夜に出発して…という方もいますので、昼夜を問わずに多少の影響は出ます。

 

むしろ一般道に関しては日中の交通量が増えるので、長距離ドライバーよりも宅配ドライバーの方が影響を受けやすいです。

 

そんなゴールデンウィークでもっとも寄せられるクレームは「不在」に関してです。

 

なぜ不在に関してのクレームが増えるのか

 

ゴールデンウィークに不在に関してのクレームが増える理由として、多くの方々がゴールデンウィークに「予期せぬ外出」が増えるから、あるいは先に説明した交通事情のおかげで予定が狂ってしまい、荷物を受け取れないケースが出てくることが予想されます。

 

急な来客、あるいは急な来客があるから用意のためにと買い物に行く。

 

荷物が来る予定だけど、でもそれまでには帰宅できるだろうと思ったら道が混んでいたり、あるいは商業施設の駐車場が満車でなかなか入れなかったり、あるいは出庫に時間がかかってしまって帰宅時間が大幅に遅れる。

 

結果、その間にヤマトのドライバーがやってきて「不在」となる…。

 

そんなパターンもあるのでしょう。

 

そのような事情に関しては同情すべきですが、それに対して「ちょっとくらい待ってても」「不在入れるのが早すぎる」といった理不尽なクレームは、ゴールデンウィークの「名物」です。

 

一定数あるのが驚きです

 

しかもこのようなクレームは、残念ながら毎年のように一定数あるものです。

 

もちろん再配達を手配するしかありませんが、説明したように道路が混んでいるのでいつも以上に再配達の時間が読めません。

 

ましてや再配達の時間は割とピンポイントな時間指定ではなく、大まかなものになります。

 

結果、今度は「再配達を頼んだのに全然来ない!」というクレームももらうことになります。

 

ドライバーとしても再配達に荷物だけを配達している訳ではありませんし、いつも以上に混雑している道路状況で予定が狂わされることも珍しくありません。

 

そこで不在の場合、ドライバー自身こそ一番落胆していることでしょう。
結果、不在票を入れて他の配達に向かえば、しばらくして再配達の指示が寄せられる。

 

他の配達との折り合いをと努力して再配達に向かおうにも道が混んでいるなどして時間がかかり、知らない間に更なるクレームが寄せられている…。

 

これでは踏んだり蹴ったりです。

 

ドライバーの肩を持つとかではなく…

 

決してドライバーの肩を持つとかではなく、一つの現実として再配達はドライバーとしても「二度手間」です。

 

ドライバーという立場上、「再配達は勘弁してくれ」とは言えないものでしょう。

 

しかし、本音としては再配達程無駄なものはないと思っているドライバーも多いことでしょう。

 

特に駐停車が難しい場所の場合、どこに駐停車するのかを再び考えなければなりません。

 

多くのドライバーは配達する荷物の大まかな住所や時間指定をチェックし、自分の頭の中でその日の配達ルートをある程度決めます。

 

ドライバーとしてもできれば効率よく配達したいと考えているので、「あっち行ってこっち行って…」ではなく、できる限り一筆書きのような、無駄のないルートでの配達をと考えています。

 

しかし再配達となれば話が別です。

 

時間までに再配達しなければなりませんので、再配達の指令を受けた際にどこにいるのか、残りの配達の住所がどこなのか。

 

これらを考えて再び「ルート構築」をしなければなりません。

 

もちろん荷物を受け取る際に「ドライバーのことを考えろ」と言うつもりはありませんが、ゴールデンウィーク中に関してはどうしても交通量が増加し、思ったように荷物を届けられないケースがあるということは覚えておいてもらいたいものです…。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください