ヤマトの仕分けバイトの説明会で毎回のように寄せられるクレームがあるらしい?

ヤマト運輸は全国にインフラを整えている。

 

全国各地に主管支店を置き、各地をトラック輸送網で繋げている。

 

その主管支店には様々な部門が入っている。

 

「ベース」と呼ばれる仕分けや運行作業部門もあれば、引越し、営業、労組など、同じ建物内に様々な部門があるので、背広組もいれば、ドライバーもいるし、仕分け作業のアルバイトもたくさんいる。

 

また、仕分け作業のアルバイトは常に求人にて募集をかけているので、ほぼ毎日のように説明会が行われているのだが、実はこの説明会では毎回のように寄せられるクレームがある。

 

ヤマトの仕分け作業は「面接」ではなく「説明会」

 

ヤマトの仕分け作業に関しては面接ではなく、説明会だ。

 

単刀直入に言えば、書類の不備がない限り、基本的に説明会の参加で全員採用となる。

 

また、副業でやってくる方もいるがその場合、本業がヤマトのライバルだと不採用になる。

 

具体的に言えば佐川と郵便局だ。

 

この両社の関係者に限り、残念ながら辞退してもらわざるを得ないが、その他に関しては基本的には誰でも雇う。

 

ベースは朝6時から夜の22時が全国へ送る荷物の仕分け作業、夜の22時から朝6時までが全国から寄せられた荷物の仕分け作業で24時間365日、常に稼働している。

 

そのため、説明会にやってくる人間も様々だ。

 

主婦、学生、フリーター、副業…近年は外国人留学生が最も多いが、とにかく様々だ。

 

そんな様々な人から「必ず」…は言い過ぎかもしれないが、多く寄せられるクレームがある。それは「安全靴」だ。

 

安全靴は支給ではなく購入してもらうシステム

 

主管支店によって微妙に違いがあるかもしれないが、基本的に仕分け作業を行ってもらう人は安全靴の着用が義務付けられている。

 

「大げさな」と思うかもしれないが、倉庫内作業である以上、安全面にも考慮しなければならないのだが、求人の際、安全靴に関しての記述がない。

 

さらに言えば、この安全靴はヤマト側でも用意しているのだが、支給ではなく購入してもらうことになる。

 

購入する場合、給料から天引きという形になるのだが、価格はおよそ3,000円程度。

 

仕分け作業の時間は長いが、どれだけの時間働くかは人それぞれ。

 

一日8時間、フルタイムで働く人もいれば、数時間程度の人もいる。

 

つまり、数時間程度しか働かない人にとっては、ほぼ一日のお給料が安全靴で消えることになる。

 

安全靴の説明を徹底すべきなのだが…

 

そのため、安全靴の給料からの天引き問題は実は多々クレーム…は言い過ぎかもしれないが、多くの意見を頂戴する。

 

「知らなかった」はほぼ確実に聞かされるし、安全靴の額を聞いて露骨に嫌な顔をする人間もいれば、それを聞いて「じゃあ結構です」と説明会を後にする人間もいる。

 

また、説明会が終わってからその日のうちに「さっき説明会に出たけど、安全靴の料金が…」ということで仕事を辞退する方もいる。

 

ヤマトをフォローする訳ではないが、安全靴の価格は値段相応ではある。

 

決して質の悪い安全靴を買わせている訳ではないのだが、「働くためにお金がかかるのか」とも思うだろうし、安全靴とは無縁の人にとっては、そもそも安全靴の相場が分からない以上、示された額が安いのか高いのか分からない。

 

更には「そういったことは求人に明記しておいてくれ」と思うのも無理はない。

 

実はこの点に関しては一度真剣に話し合いが持たれたことがある。

 

しかし、責任者は「それだと説明会に来る人間さえ減るのではないか」とのことから、「安全靴に関しては参加者に説明するというスタンスで良い」となった。

 

だがこの奢りこそヤマトが抱える問題の縮図と言っても良いかもしれない。

 

結局、「人なんていくらでもいる」といったスタンスなのだろう。

 

これだけどの産業でも人出不足が囁かれていても、主管支店内の背広組は「いつも説明会に人が来ているから大丈夫」なのだろう。

 

今の時代、こういった細かいことから様々な形で情報が広がっていくのだが…。

 

安全靴の必要性

 

では安全靴がいらないかというと、それはまた違う。

 

他の運送会社のことは分からないが、ヤマトの仕分け作業に関しては何気に危険が多い。

 

まず、倉庫内にはコンベアがあるし、重い荷物もある。

 

それらが足元に落ちる可能性はゼロではないし、何より多いのが荷物云々よりも、荷物を入れたボックスの運搬時の事故だ。

 

ヤマトの営業所の前を通れば人間が入るくらいの金属の檻のようなものが見えるだろう。

 

あれに荷物を入れてトラックに積み込むのだが、ボックスは新しいものであればスムーズに動くが古いものだと車輪が錆びているので簡単に動かせず、予期せぬ動きをして足元に直撃…ということもあれば、クールボックスなどまさに凶器だ。

 

だからこそ安全靴は大切なのだが、安全靴の購入は決して義務ではない。

 

あくまでも「持っていないならヤマトでも買える」というものなので、ヤマトの仕分け作業のバイトを考えている人で、安全靴を持っていないのであればホームセンターなどをチェックしてみると良いだろう。

 

特に近年はお洒落な安全靴も増えている。値段も幅広いので、給料から差し引かれるのが嫌な人は、ホームセンターを覗いてみるのも良いだろう。

 

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • あの台車は本体は結構重量あるし
    荷物を積めば簡単に数100Kg行きますからね
    しかも死角も結構ある
    足のため命のためにも安全靴はマストです。

    • 通りすがり氏さん

      コメント、本当にありがとうございます。
      会社から指示を受けなくても自分の身は自分で守らなくてはダメですよね!
      「安全靴は履き心地悪いから履かないよ!」➔ 「すいません・・・足潰したので労災にしてもらえませんか?」
      会社から「安全靴を履きなさい」という指示があった、なかったに関わらず危険を察知してどういう行動をとらなければならないかは社会人なら当たり前でしょう。

      たくさんの意義あるコメント本当にありがとうございます!
      私が知っている限りの情報をお伝えして、お役に立てればと思っております。
      これからも暇な時で構わないので覗いて下さいね!

  • いっぱい書いちゃってスミマセン
    どの記事も共感(テーマは身近ですからね)できたものでついつい コメしちゃいました
    丁寧な返信ありがとうございます。これからも応援しております(^o^)

    • 通りすがり氏さん

      いえいえ、たくさんのコメントは励みになります!
      本当に嬉しいです!
      ブログは一つの記事の内容に様々な意見があって良いように思います。
      そんな場所を提供出来ればと思っています。
      どのような内容のコメントでも貴重な時間を割いて投稿していただけることは嬉しいです。
      ちょっと時間が空いた時にでも読んでくださいね!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください