【ヤマト運輸の事故隠蔽、飲酒運転逮捕、代引き手数料着服】懲戒事案をまとめた社外秘資料が流出!【前編】

一部メディアがヤマトの「社外秘資料」を入手したことが話題となっている。

 

不正行為、犯罪、さらには事故などをまとめた資料だ。

 

「懲戒委員会審査決定事項」なるもので、それを独自入手したことで、ヤマトがどのような体質なのかが浮き彫りになったということで、ネット上でも話題になっている。

 

ヤマト運輸側は「コメントを控える」と回答し、存在の否定をしなかったことが更に拍車をかけているようだ。

 

ヤマトは巨大組織であることは事実

 

まず、決してヤマトの肩を持つ訳ではないが、ヤマトが巨大組織であるという点は紛れもない事実だ。

 

むしろ巨大組織・一部上場企業だからこそ、ヤマトの上層部はとにかく「ヤマトの看板」についてはこだわる。

 

個人がどうなるのかではなく、「ヤマトのイメージがどうなるのか」という点に関しては細かい部分までこだわっている。

 

やはり良いイメージを売りたいのだろう。

 

大企業としては当然の話だし、この社外秘資料でも9カ月で総計203件とのこと。

 

正直、この数字は全国に従業員を20万人以上抱えている「大企業」として考えると、決して「ものすごく多い」数字ではない。

 

しかし、問題の本質は件数よりも、むしろその手の不正が日常的に行われ、且つなかなか減らない点にあるだろう。

 

「バレなければよい」と考える従業員も多い

 

ヤマトはしっかりとした教育を行ってはいるが、教育を受けてどのように考えるのかは、いわば「当人次第」としか言えない。

 

教育を受け、責任感を持って仕事に取り組んでいる人間もいれば、「バレなければOK」と考える人間もいる。

 

また、当初は真面目に仕事をこなしていたものの、仕事に慣れ、視野が広がってくると仕事の塩梅も見えてくる。

 

「これくらいならバレない」

 

と判断するようになり、次第に手を抜いていく…ということは、人間である以上、よくある話だろう。

 

もちろん、だからといって「ヤマトは悪くはない」と言うつもりはない。

 

なぜバレないようにそのような不正を行うのかといえば、従業員が仕事に対し、「賃金に見合っていない」と感じているからに他ならない。

 

だからと言って不正をして良いというつもりはないが、ヤマトの上層部が設定する目標数値や賃金といった様々な「数字」は、現場のことを考えているとは言い切れないものが多いのも事実だ。

 

そのため、やむにやまれず…バレないので「それならこれからは…」
という気持ちになってしまうドライバーがいたとしても決して不思議ではない。

ヤマトが大切にしているのはドライバーではなく「看板」

 

基本的に、ヤマトという会社はドライバーだけではなく、従業員に対しても優しいとは言い切れない。

 

「大きな会社はどこも同じ」だと思う人もいるかもしれないが、ヤマトが何よりも大切にしているのはブランドイメージだ。

 

ヤマトのテレビCMを見たことがある人も多いかと思うが、いわゆる商品・サービス紹介ではなく、パブリックイメージのCMだ。

 

分かりやすく言えば「好感度アップのためのCM」だ。

 

それだけヤマトは自社のイメージには敏感だ。

 

つまるところ、現場でドライバーがどれだけ苦労しているのかなど興味がないのだ。

 

ヤマトの上層部は、数字だけを見て「どうすべきなのか」を考える。

 

ドライバーがどれだけ苦労しているのか、お客の矢面に立ってどのような気持ちで荷物を配達しているのかなど考えていない。

 

大きな組織である以上、上層部には上層部にしかできないことがあるのは間違いない。

 

彼らもまた、ヤマトというブランドを守るために必死なのは事実だろう。

 

しかし、ヤマトを守るためにと出すアイディアの中には、ヤマトのドライバーたちを苦しめるものも珍しくない。

 

基本的に背広組とドライバーは「別路線」だから

 

このような問題が起きる背景に、ヤマトの上層部、いわゆる本社で背広を着ている人間たちは、決してドライバーから上がった訳ではないのでドライバーの苦労を分かっていない点が大きい。

 

どのような仕事が行われているのかくらいは把握しているだろう。

 

だが、そこにどのような苦労が隠されているのかまでは把握しきれていない。

 

そのため、上層部の出す新しいサービスは、ドライバーにとって負担を強いるだけの物でしかないものも珍しくはない。

 

例えばヤマトも近年ではIT技術を積極的に導入している。

 

宅配便でさえ電子決済が可能になるなど、お客にとってはありがたいことだろう。

 

しかし、ではその電子決済端末を誰が持ち運ぶのかといえばドライバーだ。

 

「それが時代の流れだ」と言われればそれまでだが、他にもドライバーへの負担を増やすことは多々ある。

 

それらに対し、ドライバーが限界を感じ、「サボれるものなら…」と考える気持ちは痛いほどよく分かる。

 

個人的には背広組は数日ほどドライバー業務を行ってみると良いだろうと考えている。

 

お客、そしてブランドイメージを大切にすることは間違ってはいない。

 

しかし、ドライバーだけに負担を押し付けるだけではこのような問題はいつまで経ってもなくならないだろう。

 

その点でも、ドライバー業務を体験することで、どのような苦労・負担があるのかを理解することは大切なのではないか(中編に続く)

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください