【ヤマト運輸の仕分けバイトがブラックという噂】教育を受けていないベース責任者のいじめが原因

営業所、センター、本社、そしてバイトの親御さん、ヤマト運輸のベースには毎日のように様々なクレームが届く。

 

ヤマト運輸の組織ではベースはいわば底辺だ。 ヤマト運輸という組織をピラミッドで表せば、ベースの仕分け作業は一番最下層に位置する。

 

お客様と接するわけでもなく、高度なスキル、経験が求められる職場でもない。文字通り誰でもできる仕分け作業で、常にアルバイトを募集している。

 

最近では日本人のアルバイトが集まらないため外国人留学生ばかりになってしまったベースも多いが、何故?ベースにはそれほど多くのクレームが届くのだろうか?

 

ベースの仕分け作業はブラックとの評判もあるが、悪い評判になるには理由がある。ベースの仕分け作業の責任者に問題がある。

 

ヤマト運輸の社員はドライバー、上層部の背広組もしっかりとした社員研修を受けている。

 

ドライバーと上層部の背広組では日々の業務は全く異なるものの、「ヤマト運輸のために」という理念を研修でしっかりと叩き込まれる。

 

問題を起こせば個人ではなく「ヤマト運輸」の顔に泥を塗ることになってしまうことも教育される。ドライバーの仕事は荷物を運ぶだけではなく、「お客様のために」荷物を届けるということを教育される。

 

しかし、ベースで仕分け作業をしている社員はそういう教育を受けていない。

 

ベースの仕分け作業社員には2つのパターンがある

 

ヤマト運輸のベースで働いている仕分け作業社員には2つのパターンがある。

 

1つ目はドライバーが事故を起こして「左遷という形で島流し」になってベースに配属されるケース。2つ目は仕分けバイトから始まり、契約社員、そして社員と昇進していくケースだ。

 

後者の方が人数は圧倒的に多いのだが問題がある。

 

昇進と言えば聞こえは良いが、誰もが社員を目指しているわけではない。

 

ヤマト運輸の仕分けバイトは保険証さえあれば説明会で落とされることのない、誰でもできる仕事だ。

 

学生であれば学校の卒業と同時にバイトを辞めるし、副業であれば社員を目指しているわけではない。

 

それではどういう人が社員として働いているのか?といえばフリーターか就職先を見つけられなかった学生だ。

 

もちろんそういう人たちをバカにするつもりはないが、社員という肩書をもっている仕分け作業社員に研修を受ける機会を与えないヤマト運輸に問題がある。 仕分けバイトは慣れればあれこれ言われなくなるし、ぬるま湯のような職場の中で毎日仕事をする。

 

数字を求められることもなければ、経験やスキルが求められる訳でもない。そのベースで仕分け作業社員を募集していてフルタイムで働けるようであれば誰でもベースの社員になれる。

 

ヤマト運輸の理念や企業の方向性も知らない教育を受けていない人たちがベースの仕分け作業責任者になっている。

 

教育を受けていない上司を見てバイトが育つ

 

ここで厄介なことは、人間は上を見て育つということだ。子供であれば親、学生であれば上級生や教授、そして社会人であれば上司だ。

 

反面教師にするか目標とするかは当人次第だが、ベースの仕分け作業だけは新しく入って来たバイトは責任者の働く姿を見て育っていく。

 

運送会社の悪しき風習である縦割り構造の「俺が言ったんだからやれ」という社会がベースの仕分け現場で形成されている。

 

少し気に入らないバイトがいれば、「いじめ」も露骨にされる。 自分に媚を売ってくる人間や可愛い女の子には楽な仕事をさせる。気に入らない人間には荷物量の多いところで、且つ新人や慣れていない人間ばかりを配置する。

 

こんな悪しき風習が日常茶飯事になっていて、新しく入って来た新人バイトもこういう光景を見て育つので自分が社員になった時は同じ事をする。これがベースの仕分け作業の現状だ。

 

怒号は日常茶飯事

 

ベースの仕分け現場では怒号は日常茶飯事だが、「怒鳴っても大丈夫な人間」にしか怒鳴らない。

 

典型的な「強き者に弱く、弱き者に強い」人間ばかりの集団だ。

 

新人や気弱そうな人間は怒鳴られる。 言い返してこないことを知っているからだ。

 

その一方で、体育会系のムキムキタイプや強面の人間には何も言わない、いや、言えない。その分言える人間に対してはとことん怒鳴る。そんな雰囲気の職場だ。

 

ヤマト運輸の仕分け作業はブラックだ、という噂

 

何故?こんな環境なのかといえば、ベースの仕分け作業責任者の多くが研修を受けていないということに尽きる。

 

例えば仕分けのアルバイトが帰社したらお客様になる、ということも全く考えていない。

 

アルバイトの初日で右も左も分からないのに怒鳴られる。こんな目に遭ったら、「あのバイトはやらない方がいい」、「ヤマト運輸の仕分け作業は最悪だ」などと周囲に話すのも当然の事だろう。

 

最近はSNSで情報発信が可能だ。怒鳴られたりいじめに遭えば、SNSで「ヤマト運輸の仕分けバイトに行ったけど絶対にオススメ出来ません」などと投稿することもできる。

 

ベースの仕分け作業現場では、「怒鳴っても大丈夫な人間」に怒号が飛び交う。怒鳴っても言い返さないサンドバッグのような作業員に怒号が飛び交っている。 そして、怒号を浴びせた側は決まり文句を言う、「あいつは使えない」 と。

 

ヤマト運輸の仕分けバイト経験者が「ヤマト運輸のベースでの仕分け作業はブラック」だと噂(うわさ)されるのにはこういう事情がある。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください