【待遇はむしろホワイト!】ヤマトの仕分けがブラックと囁かれる理由とは

営業所、センター、本社、そしてバイトしている親御さん…

 

とにかくベースには様々なクレームが寄せられる。

 

このような言葉を使うのは好ましくないが、ヤマトのヒエラルキー、つまり組織構造に於いてもベースはいわば「底辺」だ。

 

大和という組織をピラミッドで表せば、ベースの仕分け作業はどうしても一番下だ。

 

お客と接するわけでもなく、ましてや高度なスキル・経験が求められるものではない。

 

文字通り「誰でもできる作業」で、常にアルバイトを募集している。

 

近年は日本人のアルバイトが集まらないために、外国人留学生ばかりとなってしまったベースも珍しくないが、なぜベースに多くのクレームが寄せられるのか。

 

ブラックとの評判も多々聞かれるが、その理由は明確だ。

 

それは「責任者」の存在にある。

ベースの社員たちは無責任?

ヤマトの社員はドライバーであれ背広組であれ、しっかりとした研修を受けている。

 

ドライバーと背広組では日々の業務は全く異なるものの、「ヤマトのために」という理念を研修にてしっかりと叩き込まれる。

 

おかしなことをすれば、個人ではなく「ヤマト運輸」の顔に泥を塗ることになってしまうと教育されるし、ドライバーであればただ単に荷物を運ぶだけではなく、「お客のために」荷物を届けるのだとみっちりと教育を受ける。

 

しかしだ。

 

ベースの社員は実はそういった教育は受けていない。

ベースの社員たちは2つのパターンがある

ヤマトのベースにいる社員には二つのパターンがある。

 

一つはドライバーが事故を起こして「左遷」「島流し」としてベースに配属になるケースと、仕分けバイトから始まり、契約社員、そして社員と「昇進」していくパターンだ。

 

後者の方が圧倒的に多いのだが、これが問題だ。

 

「昇進」と言えば聞こえは良いが、誰もが社員を目指しているわけではない。

 

特にヤマトの仕分けバイトは保険証されあれば説明会で落とされることのない、いわば「誰でもできる仕事」だ。

 

学生であれば学校の卒業と同時にバイトを辞めるし、副業であればあくまでも副業である以上、正社員を目指しているわけではない。

 

ではどういった人がなるのかといえば、フリーターか、あるいは就職先を見つけられなかった学生だ。

 

決してそういった人たちをバカにするつもりはない。

 

だが、彼らは研修など受けていない。

 

仕分けバイトは慣れればあれこれ言われなくなる、いわばぬるま湯だ。

 

数字を求められることもなければ、経験やスキルがなければ社員になれない訳ではない。

 

人員的に空きがあり、さらにはフルタイム働けるようであれば誰でも「ベースの社員」になれるのだ。

 

つまり、このように言っては失礼だが、社会人としてのスキルがあるわけでもなければ、社会人になるにあたっての研修さえ受けていない人間たちが「ベースの責任者」なのだ。

人は上を見て育つ

さらに厄介なことに、人間はどうしても上を見て育つ。
子供であれば親、学生であれば上級生、そして社会人であれば上司だ。
反面教師にするか、あるいは憧れとするかは当人次第だが、ベースに関して言えば誰もが同じようになる。
それは「体育会系」の世界だ。
そこに理由などない。「俺が言ったんだからやれ」という世界だ。
少し気に入らない人間がいれば、一緒に仕事をする周囲の人間を新人ばかりにするなど、いじめも露骨だ。
自分に媚を売ってくる人間や可愛い女の子には楽になるよう人員配置をするし、気に入らない人間には荷物量の多いところで、且つ新人や慣れていない人間ばかりにして負担を最大限にする。
このような風潮がまかり通っており、且つ、下の人間はそのような光景を日常的に目撃しているため、自分が上になると、同じことを繰り返す。
これがベースの「現実」だ。

怒号は日常茶飯事とはいえ…

怒号など日常茶飯事なのだが、これもいわば「怒鳴っても良い人間」にしか怒鳴らない。

 

典型的な「強き者に弱く、弱き者に強い」人間ばかりなのだ。

 

そのため、新人や気弱そうな人間は怒鳴られる。

 

言い返してこないと分かっているからだ。

 

一方で、例えばラグビー部など体形が良さそうだったり、昼間の仕事もガテン系ですといった強面の人間には何も言わない。いや、言えない。

 

その分言える人間に対してはとことん言う。

 

そんなスタンスだ。

仕分けバイトに対しての意識の低さ

なぜこのような環境なのかといえば、ベースの責任者の多くがしっかりと研修を受けて否という点に尽きる。

 

特に仕分けバイトに来る人間が、一歩離れれば顧客になる可能性のある人間だということを分かっていない。

 

更には、右も左も分からない初日で急に怒鳴られる。

 

そのような目に遭った人間は当然周囲に対して「あのバイトは辞めた方が良い」「ヤマト最悪」だと周囲にこぼすのも当然だ。

 

特に近年はSNSでも情報発信が可能だ。

 

そのような目に遭えば、SNSで「ヤマトの仕分けバイトに行ったけど絶対にオススメできない」と投稿するだろう。

 

しかし残念ながら、それによる「実害」が見えな以上、今日もベースでは新人や怒鳴っても反抗してこない、まさに「サンドバッグ」相手に怒号が飛び交っていることだろう。

 

そして、怒号を浴びせた側はこう言うのだ。

 

 

「あいつは使えない」

 

 

と。

 

このような環境では、ヤマトの仕分けバイト経験者が「ブラック」だと吹聴するのも当然だろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください