【運送会社はトラック運転手に事故の損害賠償請求が出来るのか?】

正社員、委託、契約社員などどのような形であれドライバーとして働いている方にとって何より怖いのは事故です。

 

自分自身でどれだけ気を使っているとしても、相手の不注意によって事故に巻き込まれてしまう可能性は決してゼロではありません。

 

常識では考えられないようなドライバーも増えているだけに、自分自身が「万全」だと思っていても事故は起きてしまうものです。

 

ましてやドライバーの場合、運転時間が長いので当然ながら事故に遭うリスクも高くなってしまいます。

 

もしもですが、どのような形であれ事故を起こしてしまった時、業務への支障など様々なことが懸念されますが、現実的に「費用をどうするのか」こそ、何より大きな問題です。

 

大きな会社であれば保険等も充実していますので様々な事情が付与されるとはいえ会社が支払ってくれるでしょう。

 

しかし、中小の運送会社の場合、事故を起こした費用は大きな負担になります。

 

明らかにドライバー側に過失がある場合、運送会社がドライバー個人に対して損害賠償請求を…というケースもあるのですが、この点を法律的な側面から正当性を判断してみるとしましょう。

 

結論から言えば会社からドライバーへの損害賠償請求は「OK」

 

まず、損害賠償請求そのものは会社にとっては「当然の権利」なので、請求そのものはどのような事故であったとしても認められています。

 

問題は損害賠償請求が裁判所から認められるのかという点です。

 

ドライバーの方々にとっては目を背けたい現実ではありますが、過去の判例にて、会社側がドライバー個人に対しての損害賠償請求を行い、支払が認められているケースが多々あります。

 

但し、条件があります。

 

決して無条件で会社がドライバーに対して賠償請求できるのではなく、「ドライバー個人の過失が認められる時」です。

 

事故だけではなく、会社としての在り方が問われる

 

例えばですが、休みもなく、貸与しているトラックのメンテナンスも行わず、無理な運行を組んでドライバーに大きな負担を与えているような状況であれば「会社の責任」となり、会社がドライバーに対し損害賠償請求を行ったところで、棄却される可能性が高いでしょう。

 

逆に常日頃からドライバーの体調管理に気を配り、トラックもしっかりとメンテナンスを行い、万全の運行を組んでいて、さらにはドライバー自身の過失が認められた場合、損害賠償請求が認められます。

 

ここでポイントになるのは「ドライバー自身の過失」です。

 

ドライバー自身の過失とは?

 

具体的に言えば、スマートフォンのながら運転や無理な追い越し運転、飲酒といった分かりやすいものから、自己でメンテナンスを行う場合にはトラックの摩耗・消耗に気が付いていたにもかかわらず、何もしなかった場合にはドライバー個人の責任も問われます。

 

つまり、「どのような事故なのか」だけではなく、「そこに至る労働環境」もまた、関係してくるのです。

 

運送会社がドライバーの労働環境を万全にしていたにも関わらず、ドライバーの過失によって起きてしまった事故であれば、厳しい現実ではありますが会社がドライバー個人に対して損害賠償請求を行い、認められる可能性が高いということです。

 

安全運転が大前提

 

事故の際、会社から損害賠償請求を行われないためには、ドライバーが日頃から安全運転に取り組んでいる姿勢が大前提になります。

 

ドライバーの方々にとっては「安全運転」は会社から毎日の様に言われていることなのではないでしょうか。

 

言葉としてだけではなく、会社の壁には「安全運転」の張り紙もあることでしょう。
事故を起こしてしまうと大変だからという意味もありますが、安全運転を心掛けていたにも関わらずに起きてしまった事故であれば会社側としても責任を取ってくれます。

 

しかし、安全運転とはかけ離れた運転で起きてしまった事故は、冷たい言い方ですが「自己責任」です。

 

飲酒運転はもちろんですが、特に近年増えているスマートフォンのながら運転も当然「自己責任」です。

 

ハンドルを握って運転しているドライバーの場合、運転中にも会社から指示があったり、あるいはルートの変更・確認等で会話をしなければならないこともあるかと思いますが、ハンズフリー環境を整えるなど、会社と一体となって「安全運転」に取り組むことが求められます。

 

辞めたところで損害賠償請求は行われる

 

一生懸命働いていたのに損害賠償請求を求められたら良い気はしないでしょう。

 

その際「こんな会社辞めてやる」と思ったとしても気持ちはよく分かります。

 

しかし、非情な現実ではありますが、例え会社を辞めたとしても損害賠償請求そのものがなくなる訳ではありません。

 

勢いに任せて会社を辞めて無職になったとしても、残念ながらドライバー自身の過失が多い事故に関しては損害賠償請求が行われ、支払いを命じられることになる可能性が高いです。

 

このような事態を避けるためにも万一事故を起こしてしまった際、どのような保障が用意されているのか?、自分自身の運転等、「労働環境」そのものを今一度確認してみると良いでしょう。

 

事故は、いつ自分の身に降りかかるか分からないことなので、すぐにでも確認しておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください