ヤマトの社員が仕分け作業中に殴った相手とは?トラブルからクレーム、そして….

ヤマトの仕分け作業は学生からフリーター、副業の社会人まで様々な人がいる。

 

そして、基本的に肉体労働ということもあり、血気盛んな人間も多い。

 

今回はそんな中で起きたとあるクレームの話を紹介したいと思う。

仕事中に…という話

何が起きたかから先に話そう。

 

現場責任者の社員が他の社員を殴ったという話だ。

 

仕分け作業の現場は怒号が飛び交うことなど珍しくない。

 

捌ききれない荷物を前に、「責任者何やってんだ!」「荷物潰れてるぞ!」といった怒りの声は、特にお中元やお歳暮といった繁忙期には珍しくない。

 

そういった時、作業員もヴォルテージが上がっているのだろう。

 

あってはならないことだが仕分けする荷物を投げる光景もまた、珍しくない。

 

それだけ血気盛ん…ということなのだろう。

 

殴った社員もそうだ。

 

この問題が厄介だった点は、殴った相手が自社のベースの人間であれば穏便に済んだかもしれない。

 

だが、その責任者が殴った社員は違うベースから応援に来た社員だったのだ。

集約作業は珍しくはない

首都圏のよにベースが密集しているエリアの場合、土日や休日は片方のベースに荷物を集めて仕分け作業する「集約作業」を行うケースがある。

 

平日と比べれば土日・祝祭日は荷物の量は少ない。

 

それぞれのベースを稼働させるよりも、荷物を一か所に集めた方が合理的という判断なのだろう。

 

その際、稼働させないベースの社員やアルバイトはバスなどで集約先のベースに足を運び、そこで作業することになる。

 

その時に起きた事件なのだ。

 

つまり、同じヤマトの社員とはいえ、普段は違うベースで働いている人間が「うちはいつもこうやっている」といった意見の食い違いから、やがては一方が相手を殴るに至ったという話だ。

「穏便に」とはいかなかった

同じベースであればヤマトの得意な「事なかれ主義」から、穏便に済ますこともできただろう。

 

注意くらいはするだろうが、それで終わりにしたことだろう。

 

しかし異なるベースとなれば話は別だ。

 

同じ支社の管轄であれ、「なぁなぁ」では済まされない。

 

殴った・殴られたという話は当然だが瞬く間に広がったのは言うまでもないが、殴られた側のベースとすれば「そっちまで出向いたのになんで殴られなければならないんだ」となるのも分からない話ではない。

 

そのため、穏便には済まなかった。

殴った社員は異動

結果を言おう。

 

殴った社員はベース責任者という立場から内勤となった。

 

さらには坊主にし、ベース長と共に相手のベースまで赴き、謝罪することに。

 

ここが「妥協点」だったのだろう。

 

もしもだが、これが本社の耳にまで届いたとすればこれだけでは済まされなかっただろう。

 

「ヤマトの社員が作業中に喧嘩した」などと喧伝されようものならヤマトというブランドに傷がつくのは言うまでもない。

 

これで手打ちとなったことで、その後は集約作業もスムーズに行われている。
殴った社員にもいろいろと言い分はあるだろう。

 

しかし手を上げてしまってはどうすることもできない。

 

これが言葉だけの応酬であればベース側もかばうことはできただろう。

 

だが手を出してしまっている以上、フォローのしようがない。

 

相手としても初めは「辞めさせろ」という要求だったが、それも致し方ないという雰囲気だった。

 

しかし、「同じヤマトだから」ということでベース長が粘り強く交渉し、お詫びにということで手打ちとなったのだが、社員が自ら坊主にすることで相手側も納得したという話だ。

血気盛んは悪いとは言わないが…

血気盛んなことは悪いとは言い切れないが、やはり相手を選ばなければならない…というか、そもそもこれは少々前の話になるからこそ済んだようなもので、デリケートな今の時代では通用しない話だろう。

 

殴ったことがすぐにSNS等で拡散され、関係ない部外者から「正論」をぶつけられ、炎上騒ぎに発展するのは目に見えている。

 

その点ではまだここまでデリケートな時代ではないからこそ、坊主+謝罪で済んだのだろう。

従業員同士の喧嘩は案外多い

実は、従業員同士の喧嘩は決して珍しくない。

 

同じ管轄内で、さらには作業中に頭に血が上っている状態だからちょっとしたことでついつい言い争いになり、さらには…というケースは案外多い。

 

さすがに殴り合いともなれば珍しいが、仮に殴り合いになろうがどちらも頭に血が上っているので、作業が終わって冷静になると双方ケロっとしていたりする。

 

まさに「現場」の理屈だが、さすがに違う組織ともなればこのようにはいかない。

 

違う組織でも多少の言い争い程度であればまだ良いだろう。

 

しかし手を出してしまったとなれば話は別だ。

 

だが、繰り返しになるが時代が良かったのだろう。

 

もしも今の時代にまったく同じことが起きていたら相手から言われたからではなく、「責任」の名の下に自主退社を促されていたことだろう。

面倒なことになるくらいなら自ら辞めてもらう。

 

それがヤマトのスタンスだが、暴力に関してはヤマト以外の会社でもきっと同じような処置を取らざるを得ないだろう。

 

仕分け作業はどうしても肉体労働の最前線であり、且つ血気盛んな人間はどうしてもその感情を爆発させてしまいがちだが、それだけ仕分け作業の最前線は過酷な現場ということなのだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください