【それもセクハラ!?】ドライバーへのクレームは内部からも?

ヤマト運輸に出入りしているドライバーは多数います。

 

ベースに出入りしているドライバーだけでも長距離ドライバーから短距離のドライバーまで多々いますが、ベースに出入りしているドライバーに対し、ヤマト内部からクレームが寄せられるという、少々世知辛いクレームのお話をご紹介します。

 

ベースは待ち時間がある

 

ベースに出入りするドライバーも多種多様ではありますが、待ち時間があります。

 

半日近く待ち時間があるドライバーもいれば、比較的短時間のドライバーも。

 

どれだけの待ち時間ができるのかは運行スケジュールと、当日の荷物の出来上がり方次第です。

 

やはりヤマト、さらにはドライバーとしてもできればトラックを満載にして走らせたいので、荷物が少ない時などはなかなかトラックが満載にならず、予期せぬ待ち時間が増えてしまうことも。

 

そのため、仕分け作業を手伝ってくれるドライバーもいます。

 

ドライバーとすれば、何もやることがない点、運転中は一人でも、仕分け作業は人と一緒なので楽しさがある点、さらには自分が手伝うことで少しでも早く出発できるようになるかもしれないなど、メリットは多々あることでしょう。

 

しかし、そんな「善意」で手伝ったドライバーにクレームが寄せられることになりました。

 

 

女子高生のアルバイトからの思わぬ「クレーム」…

 

そのクレームとは、なんとドライバーが善意で手伝ったであろう女子高生アルバイトからでした。

 

この女子高生は人当りもよく、事務所に荷物を預ける際にも受け答えが良いので次第に事務所の人間とも話をするようになったので、その手のクレームを言いやすかったというのもあるでしょう。

 

そのクレームの内容は距離が近いと。

 

いくら仕分け作業という体を使う仕事ではあっても、距離が近くていやだと。

 

さらに辛辣ですが、話しかけられたくないのに頻繁に話しかけられるので迷惑だから、できることなら担当の仕分け場所を変えてもらいたいと。

 

冗談かと思いきや、「ガチ」なクレーム。

 

体をジロジロと見られたり、「彼氏はいるのか」と聞かれたりするのが嫌だと。

 

確かにちょっと手伝ってくれるくらいであればともかく、体を見たりや彼氏の有無を聞いたりは、今の時代ではセクハラだと騒がれてもおかしくはないライン。

 

一応ドライバーに口頭で伝えつつ、その女子高生は担当を変えることになりました。

 

ドライバーはショックを受けていましたが…

 

その話を伝えた時、ドライバーはショックを受けていました。

 

セクハラという意識はなく、ただ単に話しかけていただけだと。

 

確かに気持ちはよく分かるものの、それでも現代社会のデリケートな基準ではセクハラになりかねません。

 

もしもですが、何もせずにその女子高生がSNSで騒いでもっと大きな問題となり、ヤマト本社にまで知れ渡るような案件となってしまってからでは遅いということで、女子高生は配置換え。

 

配置先はドライバーと接触がないメール便の仕分けになりました。

 

ドライバーとしてはセクハラ疑惑をかけられて憤慨したことでしょう。

 

しかし、その意識が甘いと言わざるを得ませんでした。

 

女子高生相手に彼氏の有無を聞く。

 

十分に「性的いやがらせ」です。

 

しかし、この手のセクハラは実はヤマトでは珍しくはありません。

 

この話は、いわば被害者が「事務所と仲良しだった女子高生」だからこそ、問題が表面化しただけであって、泣き寝入りしているアルバイトも多数いることでしょう。

 

ドライバーだけではなく、社員全体を通して、セクハラやパワハラなど、各種ハラスメントの意識は相当低いです。

 

契約社員をチラつかせ…

 

例えばこれは実際に目にしたことですが、ベースのアルバイトに対して「契約社員」をチラつかせる社員もいます。

 

人が少ない時には「出勤できないか」と多くのアルバイトに声をかけますが、そこで「もしも出勤してくれれば契約社員も考える」と、ニンジンをぶら下げて出勤を促す社員もいます。

 

当然これはパワハラです。

 

「上司」という立場を利用し、さらには口約束で仕事をさせようとする。

 

一昔前であれば「コミュニケーション」だったのかもしれませんが、現代社会の基準ではパワハラそのものです。

 

そして、この手の話はベースにいればいくらでも聞こえてきます。

 

例えばベースの仕分け作業も、毎日誰にどこの仕分け作業をさせるのか配置を考えますが、言うことを聞かない人間は敢えて荷物量の多い大変な作業場にさせたり、可愛い女の子は楽な場所にしたり。

 

「職権乱用」という名のパワハラそのものですが、当人たちはパワハラの意識などないでしょう。

 

もちろんしっかりと意識している方もいますが、全体的に見るとヤマトはドライバーや現場スタッフ含め、ハラスメントの意識は相当低いです。

 

特にベース作業の場合、毎日が同じことの繰り返しで、世相を垣間見るこもありません。

 

そのため、世相の移り変わりを実感することもなく、「昔はよかった」とされることを平気で行ってしまう環境にあるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください