【佐川急便を騙った新手の詐欺】詐欺師たちとの「いたちごっこ」の戦い

いつの時代の詐欺も、ある意味で時代の先端を行っていると言えます。

 

時代に則した技術・流行等を上手に駆使し、人を騙そうとするその手法は、時に「そんな手口もあったのか」と感心さえしてしまうようなものまであります。

 

そんな詐欺師たちに佐川急便も利用されてしまいました。

 

これには佐川急便の社員たちは怒りを通り越して驚いたのではないでしょうか。

 

詐欺師たちには利用できるものは何でも利用するものです。そんな詐欺師たちのアンテナに佐川急便のあるシステムが引っ掛かってしまったのです。

 

ターゲットになったのは

 

佐川急便のシステムが詐欺師たちの「ターゲット」となったことで、高齢者のみならず、多くの一般利用者も被害を受ける羽目になったのです。

 

そのシステムとは佐川急便を騙ったSMS(ショートメールサービス)でした。

 

スマートフォン、携帯電話に「お客様に荷物をお届けしましたが不在なので持ち帰りました」というメッセージと共に、「sagawa」と文字まで入れられたURLが明記されていました。余りITにはり詳しくはない高齢者だけではなく、普段は振込詐欺などをバカにしているような一般の利用者までも引っかかってしまったのです。

 

アドレスの中に「sagawa」とあれば、「本物なのかな」と思ってしまうのも無理はありません。

 

指定のアドレスにアクセスすると、佐川急便のホームページに似せて作られた偽サイトに誘導されます。

 

そこでクレジットカード等の個人情報を入力することで、情報が漏れてしまうといった手口です。

 

さすがにこれだけ精巧に作られていると、「騙されても仕方ない」と思える手法です。そもそも詐欺師たちは人を騙すことに対しては労力を惜しみません。

 

その頭脳や技術を良い方に使ったらと誰しもが思いますが、彼らは人を騙すことに生きがいを感じているのです。

 

この手の詐欺に遭わないためには?

 

最近の詐欺師たちのアイディアはより巧妙なものになってきました。

 

一時代前であれば、いわゆる情報弱者や高齢者しか引っかからないような杜撰なものも多かったものです。少しでも事情を知っていればすぐに「あ、これは詐欺の手口だな」と気付くようなものも多かったのです。

 

しかし近頃の詐欺師の手口ははとにかく巧妙です。今回紹介している佐川急便を騙った詐欺に関しても、「荷物はいつやってくるか分からない」という人間心理を利用したものです。加えて佐川急便という大企業の名前を使うことで相手に安心感を与える点など、よく練られた手口です。

 

オレオレ詐欺に代表される振込詐欺であれば、「未だにこんなものに引っ掛かる人がいるのか」と笑っている人。あるいはもし自分にその手の電話がかかってきても絶対に引っかからないという自信がある人。こうした人たちでも今回はさすがにこの手口は引っかかってしまうのではないでしょうか。

 

こういった手口に引っかからないために心掛けるべき点があります。

 

身に覚えのないことは無視する

 

身に覚えのないことは無視をするに限ります。

 

今回は佐川急便ということで、自分自身に身に覚えがなくても、荷物が送られて来る可能性があるだけに、とても巧妙に仕掛けられています。例えば自分で何かを購入した訳ではなく、友人・知人・家族からも「荷物送ったよ」との連絡もない場合は要注意なのです。

 

まずは不在票が入ってないかを確認しましょう。あるいはその手のメッセージが来てもまずは「誰からだ?」ということを怪しむべきでしょう。

 

既存の常識を信じない

 

詐欺師たちはシステムそのものを上手く活用するのも長けていますが、何より消費者心理を上手く掴んでいます。

 

例えば今回紹介した佐川急便を騙った手口も、佐川急便という「大企業の信頼感」を上手く利用しています。

 

もちろん大企業がそのような詐欺をすることはありませんが、そういった「大企業だから安心」といった気持ちをまずはどこかで1度リセットすることが大切です。

 

自分が加入した覚えのないサービスからのSMS、メール、LINEなどは相手にしないよう徹底すべきです。

 

佐川急便だけではなく、他にも安心感を与えるような大企業の名前が使われていたとしても、身に覚えがないのであればまずは疑ってかかるべきです。

 

自分で調べてみることも大切

 

身に覚えのないことは、すぐに調べる癖を付けておくことも大切です。

 

例えば今回の佐川急便の不在時のSMSに関して言えば、そもそも佐川急便ではSMSでのサービスは一切行っていません。

 

そこで「佐川急便ってSMSなんてやってたっけ?」と疑問を抱き、ホームページなりその他の情報をチェックしてみましょう。

 

公式ホームページはもちろんですが、Twitterのようにリアルタイムで様々な情報が集まるSNSであれば、同じような手口に遭遇した人の声を聞けるかもしれません。

 

詐欺師たちの巧妙な手口に違和感を覚えることはなかなか難しいかもしれませんが、常識を疑うことから始め、何でも自分で調べてみることが大事です。

 

これらを徹底することによって、自分の身は自分で守りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください