【佐川急便は中途採用率が1413社中でトップ】30代の平均月収も上位にランク!

空前絶後の「売手市場」と言われる昨今の雇用情勢です。

 

これまでと異なる点は、今がピークではなく、まだまだこれからもさらに人手不足状態が加速していくことです。

 

そのため、優秀な人材を獲得するために賃金を高くしたりして、積極的にアピールをする企業も出てきました。

 

特に転職動向は活発です。

 

終身雇用制度はいつしか終焉を迎え、良い条件を見つけたら積極的に転職する時代となりました。その中でも特に中途採用の多い企業も増えてきています。

 

中途採用の多い企業1位は?

 

東洋経済社が発行している「CSR企業総覧」というのがあります。

 

これには各企業の様々なデータが集約されています。その中に掲載されている1,413社の中から、大卒30代平均賃金が30万円以上の会社を対象にした調査では、中途採用が最も多いのは佐川急便なのです。

 

佐川急便の特徴として、1年間の全採用者数に於ける中途採用率は92.3%。

 

つまり、佐川急便で採用された10人の9人以上が中途採用、つまりは転職して佐川急便に入社したことになります。

 

佐川急便は大卒30歳平均賃金が34万7588円ですが、最高は44万3074円。
このことから、ある程度能力によって違いが出ていることが判ります。

 

中途採用で佐川急便が人気を集めているのは賃金よりも職場環境

 

転職者が多いということは、佐川急便が転職者から人気を集めていると考えることもできます。ではなぜ人気を集めているのかという理由は賃金というよりも労働環境にあります。

 

かつての佐川急便はお世辞にも労働環境に於いては良いイメージを持たれているとは言えませんでした。

 

しかし、昨今は賃金だけではなく、労働環境改善にも力を入れ始めています。
その一つの例が有給休暇取得率です。

 

・ 2014年度:45.4%

・ 2015年度:54.7%

・ 2016年度:60.4%

 

運送業界と言えば有給休暇など「あってないようなもの」とのイメージが強いかもしれませんが、佐川急便ではこのように、有給休暇の取得率が劇的に改善しつつあるのです。

 

かつてのイメージを払拭するためには抜本的な改善が必要です。その点では佐川急便は賃金のみならず、このような形で「働きやすい職場」であることをアピールしています。

 

ちなみに佐川急便は他の数字も優秀で、1年間の離職者数は2016年3月21日から2017年3月20日までは1,817人。

 

数字そのものは決して少ないとは言えないかもしれませんが、採用者数がその4倍以上と考えると、決して悪い数字ではありません。

 

むしろ新卒3年後定着率は70%を超えていますので、佐川急便に対して「ブラック」だと揶揄するのは、もはや見当違いなのかもしれません。

 

女性が進出しているのも特徴

 

また、佐川急便は女性の進出も目立っています。

 

例えば女性管理職比率は4.4%。

 

女性部長比率15.4%と伸びを見せており、2020年度までに女性社員比率35%、女性管理職比率を10%以上にすると豪語しています。

 

かつては「替わりはいくらでもいる」と言わんばかりの環境でした。ともすれば裁判沙汰にまで発展してしまったことがある企業とは思えない程、環境改善に取り組んでいることが分かります。

 

運送業界は他の業界以上に深刻な人手不足に悩まされているため、佐川急便としても背に腹は代えられないという事情はあるのでしょう。

 

もはや「代わりがなかなか見つけられない時代」であるため、佐川急便としてもようや「労働環境が大切だと実感したのでしょう。

 

転職は大きな可能性を秘めている?

 

転職が活発なのは佐川急便に限ったことではありません。

 

例えばソフトバンクは転職者からも高い人気を集めていますが、その理由の一つに平均年収の高さが挙げられます。

 

1,000万円を超える平均年収はやはり「夢」があるのではないでしょうか。

 

どのような仕事でも金銭の問題だけではありませんが、お金さえあれば余裕が出てくるし、より多くのお金を得ることでやりがいを感じる人もいるでしょう。

 

現在の仕事に対して、賃金以外の部分で様々な不安を抱いているとしても、もしも賃金がアップすれば、案外「仕方ない」と妥協したり容認することができるかもしれません。

 

特に転職の場合、どれだけの給料を貰えるかは、いわば自分への「評価」でもあるので、ソフトバンクにチャレンジしてみたいと思う転職者が多いのも理解できます。

 

転職希望者が増えるのは良いこと

 

国内全体で転職市場が活性化しているのは歓迎すべきことです。

 

なぜなら、転職市場が活性化するということは、低い賃金しか出せない企業がついていけなくなるからです。

 

働く側としては、より高い賃金での仕事を選べる時代が到来したのです。

 

かつてのように低い賃金で「嫌ならやめろ!」と従業員を罵ることが当たり前の企業は、もはや時代の流れの中で淘汰されることになります。

 

賃金だけではなく、有給休暇取得率など労働者にとってより良い環境の元で仕事ができるのは、何よりも有難いことではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください