【過去最低の研修生は、卒業検定に合格出来るのか?】江の島新入社員基礎研修最終日

新人研修、3日目になった。

 

当時、24歳だった私が、社会人としての厳しさを、思い知る1日になる。

 

3日目になって、声の出しすぎで、喉が潰れて、まともに発声出来ない状態になっていた。

 

6時起床だったが、教官Aが「出来の悪い奴は、陰で努力しないと、明日、卒業できないぞ!」、みたいなことを言っていたので、4時に起きて暗記の勉強をした。

 

研修生ほとんどの人が、朝、早起きして暗記をしていた。

 

しかも、私より進捗が進んでいる人ばかりだった。

 

私は、この時点で、焦り、テンパっていた。

 

不思議と、集合、ランニング、ラジオ体操、朝食まで早かった。

 

教官A、「お前ら、今まで卒業していった研修生の中で1番出来が悪いから審査に多くの時間を掛ける!」

 

今、思うと、お決まりの文句だろう。

 

しかし、当時は、今までで1番出来の悪い奴ら、とののしられていたので、研修生は、3日間で研修が終わるのだろうか?、と不安だったと思う。

 

何年も先にわかったことだが、鬼教官と、優しい講師役が、あらかじめ決まっていたようだ。

 

社会人1年生の私にとって、そんな事は、今の時点で知る由もない。

 

何度も何度も読んでいるのに頭に入らない

 

通常、9時から始まる審査が、8時から始まった。

 

潰れた喉で何回も、何回も、暗記しようと、大声で読み上げているのに、全く頭に入らない。

 

10時頃になると、研修コンプリートした研修生が、何人か出始めた。

 

私は、というと・・・・・・

 

順番が回ってきて、審査部屋に入る。

 

岡本、「入ります。 第653期、岡本 充です。 〇✕の審査、お願い致します!(お願い致します ✕、お願いします 〇)

 

教官A、「はい! そこまで!」

 

岡本、「???・・・・・・・・」

 

岡本、「有難うございました。」

 

暗記しているか以前に、審査の仕方すらまともに出来ない。

 

午前が終わって、昼食を摂る時には、茫然自失になり、自信も、完全になくなっていた。

 

教官Aが、出来が悪い奴は、再研修でまた始めから3日間やってもらう。と言っていたのを思い出す。

 

岡本「(心の中)無理だろう~・・・・・・」

 

今のような精神的な強さ、図太さは、まだない。

 

午後の審査が、始まった。

 

日程では14時30分から修了式と書いてある。

 

後、2時間しかない・・・・・・

 

結局、覚えよう、覚えようとしても全く頭に入らなかった。

 

繰り上げ卒業

 

残り、10人くらいになったとき、教官部屋に呼ばれた。

 

教官A、「お疲れさん! よく頑張った。 残った課題は、営業店に帰って覚えなさい。 この審査を、クリアできるか出来ないかが、問題ではない。 3日間、頑張りとおせたかどうかが、問題だ。 みんなは、3日間、よく頑張った。 充分、卒業に値する。」

 

繰り上げ卒業である。

 

悔しさと、情けなさと、でも、終わったという安堵と複雑な心境だった。

 

その後の、修了式のことは、あまり覚えていない。

 

放心状態だった。

 

帰り道、友達になった他店の新人と、話しながら帰った。

 

明日からは、綾瀬研修センターで、今度は、運転の研修になる。

 

運転免許を取得して、まだ1年経っていないし、2トン車を運転するのも初めてだった。

 

でも、この時点では、「運転の練習が出来るから、ラッキー」みたいに考えていた。

 

この時の私は、楽観主義者で、世間知らずだ。

 

そして、また社会人の厳しさを、思い知ることになる。

 

30年前の佐川急便綾瀬運転研修初日➔ 【ペーパードライバー(初心者運転手)が初めてトラックのハンドルを握った日】綾瀬運転研修初日check

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください