【現代の島流し?】事故を起こしたドライバーに対するヤマトのクレーム対策とは?

ヤマトにせよ佐川にせよ、ドライバーの事故は珍しくない。

 

仕事として車を運転していれば一般のドライバーよりも事故に遭遇する可能性は高いのは仕方ないし、以前からもお伝えしているように事故とはまさに「アクシデント」だ。

 

自分自身がどれだけ注意していても、飲酒運転に巻き込まれたり、近年増えている逆走車が前から現れて…など、なかなか回避できるものではない。

 

だからこそ事故に関しては同情すべきものも多々あるのだが、ヤマトとしてはそのような事情があるにせよ、一番恐れているのは「事故を起こしたドライバーをまだ普通に働かせているのか?」というクレームだ。

 

どのような事情であれ、「事故を起こしてしまったドライバー」という事実には変わりはない。

 

そのようなクレームの対策として、ヤマトではちょっとした「暗黙の了解」がある。

 

島流しならぬ…

事故を起こしてしまったドライバーはドライバー業務を続けるのではなく、とある場所に異動となる。

 

それはベース作業だ。

 

求人広告でもよく見かける「ヤマトの仕分け作業」を行っているベースにて働くことになる。

 

ベース作業はお客と向き合うこともなく、あくまでも荷物の仕分け作業。庫内で車を運転することもないので事故のリスクはゼロだ。

 

いわばここで「禊」を済ませることになるのだが、実はここにもとある事情が隠されている。

 

そのためか、ヤマトの内部では「島流し」と揶揄されることもある程だ。

 

お給料は実質的にダウン

それまでドライバーとして働いていた人間が仕分け作業に従事することになるのは、プライドの問題よりもむしろ金銭的な面で痛い。

 

ドライバーには様々な手当があるが、仕分け作業には何も手当がない。

 

事故を起こすリスクもなければお客の前に立つこともないのでプレッシャーもない。

 

楽な仕事ではあるが、ドライバーと比べれば賃金が低くなる。

 

家族手当などは引き続き継続されるのだが、残念ながら運行手当が一切なくなることになるので、それまでどのような形でドライバーとして従事してきたのかにもよるが、大幅に給料が下がってしまうドライバーもいる。

 

当然だがこのような事情はヤマトのドライバーでは共有されていることなので、殊更「事故を起こさないように」との気持ちも強まるだろう。

 

「島流し」の期間は立場によって変わる

仕分け作業に従事する期間はというと、これが少々面倒…というか、シビアな現実が待っている。

 

いわゆる「マネージ」と呼ばれる正社員待遇のドライバーの場合、事故の程度にもよりけりだが一か月程でドライバーに復帰できるケースもある。

 

ヤマト側としても「事故に対して真摯に研修を行った」と言えるのだろう。

 

一方、キャリアと呼ばれる契約社員相当のドライバーの場合、残念ながらドライバーへ復帰することは簡単ではない。

 

これからドライバー不足が加速していくこともあり、この「暗黙の了解」も崩れるかもしれないが、ヤマト側の認識としてはキャリア程度であればわざわざ一度事故を起こしたドライバーを復帰させる必要はないと考えているのだろう。

 

そのため、ドライバーとして入社し、キャリアからマネージへとステップアップを目指していたものの、事故を起こしてしまったがために何十年と「仕分け作業の責任者」の地位にいる元ドライバーもいる。

 

キャリアとマネージには目に見えない「分厚い壁」がある

事故を起こした時の「その後」だけではなく、キャリアとマネージには目に見えない大きな大きな壁がある。

 

正社員と契約社員の違いになるので仕方ないと言われればそれまでだが、まずキャリアは基本的に時給計算だ。

 

ドライバーであればそこに様々な手当がつくが、ボーナスもなければ「マネージになるために」と目の前にニンジンをぶら下げられ、いいように使われているのが現状だ。

 

事故を起こしてしまった際の対応も異なる

マネージとキャリアの場合、事故を起こしてしまった際の対応も違う。

 

マネージが事故を起こしてしまった場合、当該ドライバー本人がお詫びに足を運ぶ。

 

しかしキャリアが事故を起こしてしまった場合、ドライバー本人と主管支店長が赴いてお詫びする。

 

その際の主管支店長の口説き文句は「バイトのドライバーなので勘弁してください」だ。

 

キャリアは一般世間では契約社員相当。バイトと言っても差し支えないのだろう。

 

また、「バイト」だと言えば相手としても「バイトなら仕方がない」となる。

 

つまり、キャリアのドライバーが事故を起こしてしまった際、お詫びの際に上司たる主管支店長から辱めを受けると共に、その後はドライバーに戻れることもなく、「仕分け作業の責任者」という立場を全うしなければならない。

 

キャリアからマネージへのステップアップは可能だが…

キャリアからマネージへのステップアップは可能だ。

 

だからこそ、キャリアのドライバーはマネージへのステップアップを夢見て頑張っているのだが、狭き門であることは言うまでもない。

 

そもそもヤマト側とすれば契約社員でいてくれた方が人件費の抑制に繋がるし、上層部は「ドライバーなど代わりはいくらでもいる」との認識が強いので余程の人間でなければマネージになることはできない。

 

また、タイミングの問題もあるので実力さえあれば…という訳にもいかない。

 

しかし、時代も変わりつつある。

 

事故を起こしてしまったドライバーの処遇に関しては致し方ない部分もあるが、少なくともマネージへのキャリアアップはもう少し条件を緩和しても良いのではないか?と、思う。

 

ドライバーたちに「どうせマネージになれない」との思いが蔓延するようになったら、結局は、ヤマトのドライバーの質の低下に繋がるのだから。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください