【ここにも格差が!】ヤマトのドライバーが事故を起こしたくない理由とは?

「ヤマトのドライバー」というと、多くの方がお客の元に荷物を届ける宅急便のドライバーを連想することでしょう。

 

確かにお客の元に荷物を届けるドライバーの数が最も多いのですが、ドライバーのお仕事はそれだけではありません。

 

ベースとベースの間を運行するドライバーもいれば、ベースと営業所、営業所とセンターなど、お客相手ではなく、中継地点を結ぶドライバーも数多くいます。

 

これまで何度かお伝えしたように、ヤマトという会社が何よりも大切にしているのは企業イメージです。

 

そのため、クレームを受けたドライバーは、なるべくお客の目に触れないお仕事へと回されることになりますし、事故を起こせばドライバーではなく、ベースの作業員へと「左遷」させられることになります。

 

ヤマトのドライバーが事故を起こしたくない理由は、社会通念や道義的なものはもちろんですが、「左遷」を恐れている点も挙げられるでしょう。

ベースへの配属は島流し…?

もしもヤマトのドライバーが事故を起こしてしまった場合、ベース作業に従事することになります。

 

こちらに関しては以前もお伝えしたかと思いますが、多くのドライバーがベース作業を嫌う理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは単純にお給料の問題。

 

仮にベースに配属となってもお給料が据え置きであれば、お客相手ではなく荷物に囲まれた作業なので気楽ささえあることでしょう。

 

しかし、実際にはベース作業となればドライバーに付けられている運行に関しての様々な手当てがなくなってしまいます。

 

ベース勤務となったがために、月収にしておよそ10万円下がった「元ドライバー」もいます。

 

月収が10万円も減るとなれば、単純に年収にすれば100万円ほど下がる計算になりますので、さすがに「それくらいなら問題ない」とは言えない額なのではないでしょうか。

 

独身のドライバーであっても大きなダメージかと思いますが、奥さんや子供がいるドライバーにとっては、まさに死活問題。

 

「ヤマトの看板に泥を塗らない様に」という意識以上に、お給料のことを考えたら「絶対に事故は起こせない」と感じるのも当然の話なのではないでしょうか。

ベースへの配属は「無期限」だから

多くのドライバーがベースへの配属を嫌がる理由は給料と共に、「無期限」な点も挙げられます。

 

無期限、つまりは期限が定められていませんので、いつまでベース作業に従事すれば良いのか不明瞭です。

 

一つの事故の結果、何十年とベースで働いている「元ドライバー」もいます。例えば「3年間はベース勤務で」と言われれば、「3年間頑張ってまたドライバーに戻ろう」と思えることでしょう。

 

しかし、ベースに配属される際、いつまでベース勤務なのかの具体的な指示などありません。

 

つまり、「お給料が下がる環境をいつまで続ければよいのか分からない」という、働く側にとってはあまりにも過酷な環境が待っているのです。

 

そしてドライバー同士でこのような情報は共有されているので、多くのドライバーが「絶対に事故を起こしたくない」と考えています。

ベースからドライバーに戻れる可能性は?

ベースに配属になってしまった「元ドライバー」は、決してドライバーに戻れないわけではありません。

 

戻るにあたっては、いくつかの条件があります。

 

まずはキャリア契約ではなくマネージ契約のドライバー。

 

キャリア契約は一般世間の契約社員、マネージが正社員なので、正社員であればベース勤務からドライバーに戻れる可能性があります。

 

裏を返せば、キャリア契約のドライバーが事故を起こしてしまった場合、ドライバーに戻れる可能性は限りなく低いことになります。

 

さらには事故の程度にもよります。

 

例えば自損であれば、さすがにヤマト側もそこまで厳しい「制裁」は科しません。

 

しかし、対人はもちろんですが社会インフラに影響を及ぼすような大事故の場合、こちらも残念ながらドライバーに戻れる可能性は低いでしょう。

社会インフラへの影響を及ぼす事故とは?

「社会インフラへの影響を及ぼす事故」とは、例えば具体的には公共交通機関に影響を与えてしまう点です。

 

私が担当していたベースに送られてきた「元ドライバー」は、鉄道の高架下をくぐれると思ったものの、くぐることができずにトラックの上部が線路に接触。

 

結果、電車の遅延をも招くことになってしまいました。

 

更にそのドライバーはキャリア契約だったこともあり、ベースに配属されてから10年以上も「仕分け作業」を担当しています。

 

一方で、ガードレールに衝突してしまったマネージだったドライバーは3か月ほどベースで作業した後、ドライバーへと復帰できました。

 

このように、「ヤマトのドライバー」の中にも格差があります。

 

キャリア契約のドライバーはマネージ契約を目指していますが、誰もが目指している以上狭き門です。

 

もしもですが、キャリア契約のドライバーが事故を起こそうものなら、本気で転職を考えた方が良いレベル。

 

それだけに、事故を起こすのは死活問題なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください