【宅配ボックスはトラブルとクレームの宝庫】それでも便利だから使い続けるのか?

宅配ボックスとは、受取人が留守の時に宅配便や郵便物を受け取ることができるロッカー型設備のこと。宅配ロッカーとも呼ばれ、最近では「戸建て住宅用宅配ボックス」なども出回っている。

 

宅配や郵便業界共通の頭痛のタネは再配達の問題だ。これを解決する為に考え出されたのがこの宅配ボックスだ。

 

会社勤めで平日の日中は自宅に居ない人や、たまたま留守にしていても荷物を受け取れない人にとってはこんな便利なモノはない。

 

これは受け取る側にとっても配達する側にとっても双方メリットがある優れモノだ。

 

インターネット通販の利用者や、一人住いの男女の間でもニーズが高まっている。その為最近ではマンションの共用部分などや鉄道駅やコンビニなどにも設置され例も多く見られるようになった。

 

宅配ボックスの仕組み

 

配達業者が暗証番号を設定し、それを記載した宅配票を受取人の自宅やマンションのポストに入れる。帰宅したら宅配ボックスに暗証番号を入力することによってボックスを開けることができる。最近はダイヤル式・電気式などその形態も益々進化しつつある。

 

新たなトラブルやクレームとは?

 

宅配ボックスの出現により、顧客と業界の共通の悩みもこれで解決されたかに見えたが、ここに来て新たな問題が生じている。それは宅配ボックスに関わるトラブルやクレームである。

 

この世の中はどんなに便利なモノができようが、それを使う人たちの思惑により、新たなトラブルやクレームが生まれるのが世の習わしとも言えよう。

 

トラブルその1 盗難

 

一番多いトラブルは盗難で、荷物が他人に持って行かれるケース。暗証番号をポストから抜き取りその暗証番号でボックスを開錠して荷物を持ち去るもの。これはれっきとした犯罪なので、警察に盗難届を提出すべきだ。

 

こうすることにより、ここの住人は警察に届けるので要注意という警告にもなる。

 

自作ボックスは安上がりにできるが、その分セキュリティがゆるいので、盗難は覚悟するくらいの気持ちで作るべきである。

 

トラブルその2 配達員が宅配ボックスの使用方法が分からず持ち帰ってしまう

 

ニーズが高まるに伴って、ハイテクなボックスも登場することにより、配達員がその使用方法が分からず結局は荷物を持ち帰ってしまうケースも増えているという。

 

トラブルその3 ボックスの中にガムや飲料などの液体を入れ、荷物を破損させたり汚したりされた

 

これを防ぐ方法の1つはボックスの荷物をいつまでも放置せずに、できるだけ早く回収することだ。

 

トラブルその4 子供が中に入り出られなくなったる

 

大きな宅配ボックスになると小さな子供がゆっくり入れるほどのスペースがる。かくれんぼなどで遊んでいて、ボックスの中に隠れたらボックスのドアが閉まったまま開かなくなるという事例もあった。

 

トラブルと並行して今までには考えられないクレームも発生している

 

帰りが遅かったり、出掛けていたりしていた為に待っていた荷物が受け取れないで困った経験は誰にでもある。これを解決してくれたのが宅配ボックスだったはず。ところが、宅配ボックスを実際に体験した結果、次のようなクレームが発生している。

 

クレームその1 不在かどうかの確認もせずに不在票を置き、いきなり宅配ボックスに入れられた

 

宅配業者は実際に受取人と接触をしなくても、宅配ボックスに入れればそれだけ手間も省ける。これは業者のいわゆる「手抜き」だ。配達員は多くの荷物を時間に追われながら配達しているのは理解できるが、これは宅配ボックスの悪用といわれても仕方がない。

 

クレームその2 「宅配ボックス不可」と表示されているのに、宅配ボックスに入れられた

 

これも①と同様業者の「手抜き」例である。宅配センターの仕分け作業の際に、ボックスに入れてはいけない物についてはその旨の表示がしてある。配達員は少なくともこの指示には従って配達してもらいたいものだ。

 

クレームその3 宅配ボックスにチョコレートを入れられた

 

ボックスの中は外気より温度が高くなりチョッコレートが解けてしまった。これは差出人が宅配に依頼する際に、品名を明記し「ボックス不可」の表示をしていない為で、配達人は中身が分からなければ通常の手順で配達しるしかない。配達人のみを責めることはできないケースだ。

 

クレームその4 ウオーターサーバー用の水をボックスに入れられた

 

不在かどうかの確認をして不在票を入れたうえでの作業ならば問題はないと思われる。何故、受取人がクレームするのか分からない。

 

それでも宅配ボックス便利だ!

 

こうしてトラブルやクレームも多い宅配ボックスではあるが、それでも受取人・配達人双方にとってのメリットの方が遥かに勝る。

 

配達人は再配達という重荷から解放される。

 

一方受取人は早朝でも夜間でも帰宅次第荷物を受け取ることができる。

 

盗難のトラブルはポストのセキュリティを高めることで解消できる。

 

ボックスの使用法が分からない配達人は、再配達の苦労と比較すれば、それが複雑であろうとも使用法を研究するのが自分の為になる。

 

トラブルを最小限に留める努力さえすれば、これほど便利な文明の利器を活用しない手はない。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください