【運送会社・転職ランキング】将来性と働きやすい職場環境が充実の会社をチェック!

人出不足に悩んでいる運送会社は、決して手をこまねいているだけではありません。

 

いわば産業を問わずに「人材の獲得競争」が繰り広げられている中で運送業者の意識も着実に変わりつつあります。

 

その根拠の一つに労働環境が挙げられます。

 

かつて運送業界といえば「厳しいけど稼げる」「稼げるけど長時間働く」といったイメージが強かったことでしょう。

 

しかしそれは昔のイメージ。

 

現在の運送会社は実際にどのような労働環境で人材を獲得しようとしているのか等、様々な角度からチェックしてみました。

 

運送業界の「現状」は?

 

運送業界が置かれている現状として人出不足は言うまでもありませんが、ネット通販の急成長のおかげで宅配便が急増しています。

 

貨物に関しては緩やかな減少傾向が進んでいるものの、宅配業が数字の上では「絶好調」を記録。

 

運送業界全体の売上高を見ると平成21年まで緩やかに縮小していたものの、以降は上昇曲線を描いています。

 

平成21年から業界の売上高が増えているのは先にも挙げたようにネット通販の拡大によるものです。

 

さらには今後もネット通販は成長が見込まれていることから、運送業者の多くはそれらの荷物増加に向けて設備投資を行っています。

 

いわば運送業界には「好循環」が生まれつつあります。

 

運送業界の平均年収

 

そこでやはり気になるのが運送業界の年収です。

 

2017年度の有価証券報告書等から、主要な運送会社の平均年収を見てみましょう。

 

ヤマトホールディングス株式会社
866万円

株式会社日立物流
773万円

株式会社近鉄エクスプレス
734万円

郵船ロジスティクス株式会社
709万円

丸全昭和運輸株式会社
638万円

日本通運株式会社                                608万円

 

このように、全体的に好調であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

もちろんこの統計はあくまでも平均ではありますが、会社全体としての平均年収が高いことは悪いことではありません。

 

金額だけじゃない運送会社の労働環境の魅力

 

平均年収という数字の面を見ても運送会社の待遇は決して悪いものではありません。それ以外にも運送業界が力を入れているのはその他の待遇です。

 

運送業界に対してネガティブ・マイナスなイメージを持っている人は依然として多く、金銭以外の面で「きつい」といったイメージを持っているのではないでしょうか。

 

最近では、例えば運送業者の多くが中型や大型免許の取得費用を負担してくれますし、各種手当も充実してきています。

 

「精勤手当」、「無事故手当」、「家族手当」など運送業界ならではの手当を支給している運送会社も今では珍しくありません。

 

最近の運送業界は待遇を通して「運送業界のイメージ改善」に努めているといっても過言ではありません。そして他の業界と比べても待遇・手当が良いことで知られています。

 

将来性という点では?

 

ネット通販の成長に伴い、運送業界も業績を伸ばしています。

 

国内の他の産業、特に小売業界が苦戦を強いられている中で、運送業界は着実に業績を拡大しているのです。

 

特にネット通販は今や単なる流行ではなく、人々の新しい購買方法として定着しており、今後も大きく成長することが期待されています。

 

ヤマト運輸や佐川急便のように、国外にも進出している企業も見受けられます。

 

インターネットには「国」という垣根がありません。

 

海外の商品もまた、ネットで簡単に購入できますし、海外に商品を売却することも可能です。

 

つまり、好調な国内市場だけに胡坐をかいているだけではなく、既にその先まで見越しているのです。

 

淘汰される運送会社もある

 

ヤマト運輸や佐川急便のような大手の運送業者の場合、待遇の良さだけではなく将来性もある一方で、中小の運送業者には経営が苦しい会社もあります。

 

待遇面で何より分かりやすいのはずばり「賃金」です。

 

中小の業者の中には人件費の高騰によりかなり経営が厳しい会社もあります。

 

人手不足のために現有のドライバーにより大きな負担を与え、その負担に見合った賃金を払うことができないという矛盾が生じているのです。その結果「この賃金ではやって行けない」といった不満を募らせることになってしまいます。

 

そのため運送業界において転職を考えるのであれば、「寄らば大樹の陰」ということになり、ヤマト運輸や佐川急便などの大手企業になってきます。

 

大手の場合、「大手」という看板もある

 

大手企業の場合は、その環境はもちろんですが大手という「看板」も背負っています。

 

例え小さな営業所であってもヤマト運輸や佐川急便という看板を背負っています。何か問題があれば「ヤマト運輸が問題を起こした」、「佐川急便がおかしなことをしている」と報道されることになります。

 

そのため、「コンプライアンス意識」がとても高いのです。

 

有給休暇の取得や各種ハラスメントを意識するなど、まずは大手企業が率先して業界のイメージ回復に取り組んでいます。

 

今日の労働市場は空前の「売手市場」と言われています。

 

わざわざ条件の悪いところで働くよりも、自分のことを高く買ってくれる、つまりより良い待遇を用意してくれている会社で働いた方が良いのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください