【アクセルとブレーキの踏み間違い】は何故こうも頻繁に起きるのか?その原因と対策を探る

近年、アクセルとブレーキを踏み間違えたことによる事故が頻発しています。

 

直近では、昨年の12月26日、福岡空港でタクシーが暴走し3人をはねるという事故が発生しています。73歳の男性運転手は、「客の荷物を降ろそうとしたところ、車が勝手に動き出したので、ブレーキを踏もうとしたが慌ててアクセルを踏んでしまった」と話しています。

 

一般人が同じような理由で事故を起こすのも大きな問題です。しかし、プロのタクシー運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えるなんて信じられません!

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故は、国内で年間7,000件以上。それに伴う死傷者は毎年1万人以上を超えるという統計が出ています。

 

それでは、何故アクセルとブレーキを踏み間違えるのでしょうか? 70歳以上の男女が圧倒的に多いと思われがちですが、意外にも、18~29歳の男女の数も結構多いのにも驚かされます。

 

アクセルとブレーキの踏み間違いのパターン

 

踏み間違い事故は、駐車時、発進時、渋滞時に多いとされています。コンビニや病院などで駐車する際に、慌ててパニックを起こしペダルを踏み間違えるパターンが多数見られます。

 

また、発進→停止→発信を繰り返す渋滞時にも多く見られます。

 

初歩的な間違いを起こすのには、次のような場合も考えられます。

 

・集中力が欠けぼんやりしていた。
・脇見をしていた 
・慌てていた 
・パニックで判断を誤ってしまった。
・乗り慣れない車に乗っていた 
・左足でブレーキを踏んでいた

 

踏み間違いの原因

 

それでは、こうした踏み間違い事故は何故多発するのでしょうか。

 

この原因のひとつは、自動車の操作ペダルは、加速・減速ともに「ペダルを右足だけで踏む」ことにあると言われています。

 

例えば、バイクの場合は、加速はスロットルを回し、ブレーキはレバーを握るというように、アクセルとブレーキの操作がはっきりと区別されています。

 

これは、クラッチペダルのあったMT車の名残と言われ、AT車が広まりクラッチペダルが無くなったからと考えられます。

 

【高齢者】による踏み間違いと事故の防止が難しい理由

 

踏み間違い事故の多くは「高齢者」に多いことは周知の事実です。

 

これは認知症による場合も多いのですが、若い世代と比べ、危険が迫った際のとっさの判断・操作が遅くパニックを起しやすいためと言われています。

 

■ゆっくりと発進したが、突然、子供や犬・猫が飛び出してきたので、慌ててブレーキペダルの代わりにアクセルペダルを踏んでしまった。

 

■後退発進の際、アクセルペダルを踏む感覚が前進の場合と違い、思ったよりスピードが出てしまったので、ブレーキを踏もうとしたところ、アクセルを踏んでしまった。

 

このように、最初は冷静に発信することができたのに、突発的な状況になったときに、正しい対応ができないのは、高齢による判断能力の衰えに依るところが大なのです。

 

もちろん、高齢者でも判断能力を十分に維持している人も多くいるでしょう。この判断能力の衰えによる踏み間違い事故を防止するのは並大抵のことではありません。

 

踏み間違いをしない為の対策

 

アクセルとブレーキを踏み間違えないためにはいくつかの方法が考えられます。

 

① 運転の基本に戻る 

 

運転歴が長くなればなるほど、運転に慣れてしまい基本的な操作を忘れてしまいがちです。

 

停車時はギアをP(パーキング)にセットし、発進は周囲を確認する、走行時は車間距離を取る、といった基本操作をきちんと行うことです。

 

➁ クリープ現象を利用する。 

 

ギアをドライブレンジに入れるとゆっくりと動き出す「クリープ現象」を利用し、徐々にアクセルを踏み込む。

 

③ 左足でブレーキを踏まない

 

法律上は左足でブレーキを踏んでも問題はないが、慣れていないのであれば、ブレーキは右足で踏み込むようにする。

 

➃ MT車に乗り換える 

マニュアル車では左足でクラッチを踏まなければギアが入らず発信やバックでの踏み間違いは生じません。

 

➄ 「踏み間違い防止装置」を取り付ける 

 

これはアクセルとブレーキが一つになったペダルです。

 

このペダルでは、踏み込むと常に「ブレーキペダル」を踏み込んだことになっています。アクセルペダルを踏みたいときは、足を横にずらす必要があります。

 

アクセルペダルを踏み込んだ状態のときに誤ってこれを踏み込むと、アクセルの踏み込み状態が自動的にキャンセルされ、ブレーキを踏んだ状態になり暴走を防ぐことができます。

 

➅ 「踏み間違い防止システム」の車を選ぶ 

最近では、「踏み間違い防止システム」を搭載した車種も多く発売されており、アクセルとブレーキを踏み間違えてもぶつからないような装置が搭載されています。

 

⑦ ブレーキランプを車内に設置する。

 

通常「ブレーキランプ」は車内に設置されていませんが、案外安く設置することができるので、運転席に大きく表示することにより、踏み間違い問題は大きく改善されることになります。

 

⑧ 運転免許証を自主返納する。 

 

地方において車がなければ買物にも行けなかったり、生活上どうしても車を手放せない場合は仕方ありません。

 

しかし、交通網も発達した都会おいては、70歳あるいは後期高齢者(75歳)前には運転免許証を自主返納し、公共交通機関を利用するのも一つの対策と思われます。

 

どうしても、環境上車を運転しなければならない、あるいは都会にいてもどうしても車を手放したくないあなた。

 

自分の判断能力を過信しないでください。そして、自身と周りの人の安全の為にも自分自身の対策を講じましょう。

 

命あっての車です!

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください