【ブラック企業佐川急便】凄いぞ!初任給50万円 セールスドライバー誕生編①

江ノ島新人研修、綾瀬での運転研修が終わり、いよいよ営業所での勤務が始まった。

 

当時、田無(現在の西東京市)に住んでいたが、地元でドライバーとして配達するのも嫌だったので、通勤に不便ではなく(実際にはかなり負担になった)、車で30分くらいの営業所の武蔵村山店を希望した。

 

朝の勤務開始時間は、今みたいにタイムカードがあるわけでもなく、6時20分くらいから始まる感じだった。

 

早い人は、5時30分には会社に来て、トラックに荷物を積んでいる人もいた。

 

時間管理は、されていなかった。

 

今でいう典型的なブラック企業だった。

 

私は、新人という事もあり始めのうちは、7時出勤だった。

 

7時に出勤して大型トラックが着車しているホームに行き、荷物を降ろす手伝いをして、先輩ドライバーの荷物の積み込みの手伝いをする。

 

そして、先輩ドライバーが出発した後は、会社構内の掃除をするのが、日課だった。

 

午後からは、2トントラックを運転する練習や、スポット荷物の作業、(先輩ドライバーが、大口の荷物を集荷してきた時に伝票を手書きで書いたり、店番を書いたりする)の手伝いをした。

 

夕方からは、発送(集荷した荷物を、各店に送る作業)の準備をして、先輩ドライバーが、荷物を集荷して帰ってきたら荷物を降ろす手伝いをした。

 

帰宅時間は、入社して1か月くらいは19時30分くらいには、会社を出ていた。

 

セールスドライバーとして、デビューするまでは、遅くても20時30分くらいには、帰宅していた。(当時、セールスドライバーという言葉は、ありませんでした)

 

初任給は、本当に50万円だった!

 

入社する際、求人雑誌を見て、初任給50万円~60万円と書かれていたのを思い出し、いざ給料日になって・・・・・・

 

岡本、「まさか、50万とか書かれていても本当に50万も入金されている訳ないだろう~、いくら入金されているかな?」、と銀行のATMに行って、確認すると・・・・・・

 

岡本、「45万???、(税金で天引き5万円)、・・・マジで?」(給料明細は、後で渡された)

 

この瞬間から私の心の中では、佐川急便は、凄い会社、良い会社になった。

 

岡本、「(心の中)360万円ある借金も頑張れば何年かで返済出来るな!」

 

当時、国の予算みたいに入った給料は、その月に使い切るみたいな生活をしていたが、借金は、4年で完済出来た。

 

繁忙期は、休みが2日!

 

当時、休みは、月5日、6日だった。

 

だから、お盆休みや正月休みで3連休すれば、残りの1か月は、週一回の休みだった。

 

仕事のメリハリも、はっきりしていた。

 

その日の仕事が、やることが無くなれば帰れるし、逆に、仕事が終わらなければ、何時まででも仕事をする、という暗黙のルールがあった。

 

当時、ゴールデンウィーク、お盆、お正月などの大型連休は、運送会社は、営業をしていなかったので、(ヤマト運輸が365日休まず営業し始めて、他社も追随した)大型連休の直前の日などは、15時くらいに帰ったのを覚えている。

 

逆に、12月は、休みが2日だけで、毎日、午前様だった。

 

そして、翌朝の出勤も5時過ぎくらいから始まるという感じだった。

 

苦手の運転はというと、・・・とてつもなく下手だった。

 

私の入社から1か月後に入社してきた前職運送会社に勤務していた同僚には、進捗であっさり抜かれ、9月には、セールスドライバーとしてデビューしていた。(当時、セールスドライバーという言葉は、ありませんでした)

 

全ての仕事が、私にとって初めてのことであり、毎日が戦いだった。

 

運転、配達、集荷、集金、営業・・・・・・、全てを一人前にこなせなければセールスドライバーとして認められず、先輩にも認められない。

 

先輩から認められないということは、班での孤立を意味し、露骨に排除されていた。

 

高校時代は、暴走族の長をやっていたとか、佐川に入社する前は、マグロ漁船に乗って遠洋漁業をしていたとか、個性的な先輩が多く、毎朝の荷物の積み込みの時は、必ずどこかで先輩同士が喧嘩をする怒鳴り声が聞こえていた。

 

正直、エラい所に来てしまったな、という不安と、ここで耐え抜いて一人前のセールスドライバーになれたら自分は、変われる、という期待感が交錯する毎日だった。

 

そして、10月中旬にセールスドライバーとしてデビューするまでの4か月の戦いが始まった。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください