【福岡県の運送会社に1500万円の損害賠償請求】パワハラ行為の証拠写真を会社ブログに掲載!

最近世間では、「ハラスメント」に関してはかなりデリケートになっている。そんな中で起きた福岡のある運送会社によるパワハラ事件は「今の時代によくもこんなことを!」という声が多数聞こえる。

 

福岡の運送会社のブログにパワハラ行為の写真が掲載された。

 

被害男性をバリカンで丸めたり、パンツ1枚の男性に水を浴びせかけたりする写真だ。その他にもロケット花火で狙い撃ちするなどもあり、それらを「会社のブログ」に写真付きで掲載していたのだ。

 

こうした行為に対して被害者男性が裁判に訴えところ、これらの写真が「証拠」として認定された。裁判所は会社に対し、被害者の男性に未払い残業代を含めた1500万円の損害賠償を命じたものの、会社は「事実誤認だ」として控訴を考えているという。

 

時代の転換期にある

 

近年は消費動向も変化し、店舗では売れない時代が到来しつつある。

 

さらには自動車もIT化が進められるなど、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしているが、モラルの面でも同じことが言えるのではなかろうか。

 

セクハラだけではなく、パワハラもまた、「知らなかった」「そんなつもりはなかった」では通用しない時代が到来している。

 

しかし、こういった「各種ハラスメント」に対しての意識は、業種によって大きな隔たりがあるのも事実だ。

 

運送会社のドライバーたち

 

「ドライバー」という仕事は様々だが、ヤマト運輸や佐川急便などの物流のドライバーはいわば一種の接客業だ。

 

お客様と直接向き合うことになるため、ドライバー研修は車の運転方法だけではなく、お客様との向き合い方なども含まれているし、身だしなみにも厳格だ。

 

夏場ともなれば、暑さから時にはズボンの裾やシャツの袖をめくっているドライバーも見かけるが、ヤマト運輸の規定では「アウト」だ。

 

ヤマト運輸や佐川急便は運送会社としては大きな組織であり、何よりもその向こうに多くのお客様の存在がある。

 

一方で、例えばダンプカーや廃棄処理のドライバーはお客様と直接向き合うことはない。

 

いわゆる「デコトラ」と呼ばれるカスタマイズされたトラックを走らせ、金髪、パンチパーマに金のネックレスといった風貌のドライバーも珍しくない。

 

同じ「ドライバー」という仕事でも、お客様と接する必要がない業種であれば風貌についてあれこれ言われることもなければ、風紀とてあってないようなものだろう。

 

そういった会社の場合、各種ハラスメントの対応は遅れている。

 

「昔は良かった」は通用しない時代

 

セクハラやパワハラは喫煙などの問題と似ている部分がある。

 

時代の流れと共にルールが厳格化されているのだが、当の本人たちの意識は「昔は大丈夫だった」という風潮がある。

 

そのため、今回の事件の加害者側も、「犯罪行為」としての自覚がないのであろう。

 

加害者側とすれば「コミュニケーションの範囲」と言い張るだろうし、「うちの会社や業界は昔からこうしたものだ」とも思っていることだろう。

 

ましてやパワハラ写真を個人のSNSではなく、会社のブログに掲載しているのは驚きだ。

 

これまで色々な企業がSNS上のちょっとした失言で炎上するような時代に、このような形で会社のブログに写真で「パワハラ現場」をアップロードするとはいかなる神経なのだろう。

 

パワハラの意識が希薄であることはもちろんだが、こうした「昔ながらの風習」に何の疑問も抱かない企業がまだまだ存在しているのだ。

 

現代の価値観では「パワハラ」に該当するような行為で部下や異性を悩ませている人間は珍しくない。

 

クレームではないが…

 

クレームにはなっていないが、以前社内で問題視されていた人がいた。

 

その人はベース作業のキャリア社員なのだが、可愛い女性アルバイトがいると「彼氏いるの?」と躊躇なく聞く。

 

昔であればともかく、現代の価値観ではこれは「アウト」だ。

 

上司という立場から部下に性的な質問をしている。典型的な「セクハラ・パワハラ」だ。

 

当人からすれば「ただ聞いただけ」と言っているが、「上司と部下」という関係でこの質問はダメだ。

 

部下からすれば「質問に答えなかったら自分の立場が不利になってしまうかも?」という危惧がある。

 

この社員はその時は厳重注意処分となったが、おそらくなぜ自分が何故厳重注意を受けたのか分かっていなかったのではないだろうか。

 

働いている本人は「ハラスメントなんて大げさ」「ちょっとしたコミュニケーションのつもり」だと思うかもしれない。しかしそこに「組織に於ける上下関係」がある以上、部下や立場が弱い人間は状況を忖度する。

 

「断ったら仕事が来なくなるんじゃないか」「付き合わなかったら今後に支障をきたすんじゃないか」などと考えてしまう。立場の弱い人間にとってはこうした言動は全てハラスメントに該当すると言っても過言ではない。

 

しかし、「立場の弱い人間がどう解釈するのか?」を想像できない人間は、無意識の中でハラスメント行為を行っている。

 

昔は通用したかもしれないが、現代社会ではもはや通用しないことを理解すると共に、「もしも立場の弱い側でその言葉を投げかけられたらどう思うのか?」という点を考えなければならない。

 

今ではどの会社でも上司は部下に対して言動は慎重にならなくてはならない時代になったといえる。

 

立場が上の人間は部下に対して「友達感覚」で接していても、部下からすれば「上司」だ。

 

これがわからない上司は、今後ハラスメント上司として糾弾されることになるだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください