【再配達の切り札】になるか「置き配バッグ(OKIPPA)]

【置き配バッグ】とは一体どんなものなのか。宅配業界においては「再配達」対策の切り札として「宅配ボックス」「宅配ロッカー」が普及し始めている。

 

これと何が違うのか。今回はこの「置き配バッグ」について詳しく紹介・解説する。

 

置き配バッグとは

 

置き配バッグは「OKIPPA」とも呼ばれ、宅配ボックスの代わりになるバッグで、玄関などに設置すれば、留守でも荷物を受け取れるもの。

 

配達指定時間に留守の場合、重い荷物をコンビニ等ではなく自宅で受け取りたい場合などにはとても便利なツールである。

 

手の平サイズの特性バッグを玄関口に吊るしておけば、不在時に宅配物を受け取ることができる優れモノだ。

 

OKIPPAの開発経緯

 

物流ITベンチャー企業である「Yper(イーパー)株式会社」が開発。創業1872年(明治5年)の老舗バッグメーカーである株式会社マナーの大ヒット商品エコバッグ「Shupatto(シュパット)に改良を重ねて完成したとのこと。

 

OKIPPAの特長

 

収納時は13cm四方の手の平サイズだが、広げると120cmサイズの箱が楽に入る。これは、シュパットの特長である「プリーツ加工」によるもので、たたむ時は、両端を持って引っ張るだけで、元の手の平サイズに戻る。

 

盗難の心配はないのか 

 

盗難の防止装置として、OKIPPA専用ロック、防犯ファスナー、内鍵としての南京錠が付属されている。

 

専用ロックは玄関口や玄関周辺に固定するもので、このワイヤーは一般的なハサミでは切断できない亜鉛素材を使用している。また、それでも心配な向きには、OKIPPA盗難保険が開発されている。

 

「置き配保険」の開発 

 

Yper(イーパー)と東京海上日動保険は、置き配バッグOKIPPA向けに、盗難保険を共同開発した。

 

今回開発の置き配保険は、OKIPPAで受け取った宅配物に盗難保険を付与するものだ。保険の概要としては、1,000円以下は補償なしとし、それ以上の金額については、年払いの保険料3万円を上限とする予定。

 

雨や濡れ対策は完全か 

 

撥水加工の生地と止水ファスナーの採用により、雨や濡れからも荷物を保護するようにはなっているが、完全防水ではない。

 

直接雨が当たると浸水の可能性があるという。これは今後の改善課題と言えよう。

 

置き配バッグの実証実験 

 

OKIPPAを活用することによって再配達をいかに削減できるかの効果を実証するための実証実験が行われた。

 

期間は2018年12月3日~12月31日までで、東京都杉並区の1,000世帯を対象に募集した。参加者には日本郵便がOKIPPAのバッグ一式を無料で配布した。対象となる家庭の元々の再配達率が59.2%であったとのこと。

 

今回のOKIPPAを利用した実験では、日本郵便の再配達率は最終的に15.9%に減少するという成果を得たとのことである。

 

OKIPPAはどうしたら手に入れられるのか 

 

バッグは3,685円(税別)の買取り型。OKIPPAの公式サイトからインターネットで購入できる。2018年9月中旬からの発売で既に6,000枚以上が購入されているという。

 

2019年2月現在では、楽天では購入できるがアマゾンでは販売されていない。楽天で購入しても割引は適用されない。

 

OKIPPAの利用方法 

 

iOS/Androidいずれにも対応する無料の荷物管理アプリ『OKIPPA』で管理できる。自宅においても、外出先でもOKIPPAバッグに荷物が入ると携帯に配送管理通知が届く。

 

日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸、アマゾンにも対応済だ。それぞれの会社別のアプリを起動して再配達を依頼する必要がなく、利用者の受取管理も楽になるので、日中勤務しているネット通販の利用者にとっては朗報と言える。

 

宅配ボックス・宅配ロッカーとの棲み分け

 

宅配ボックスはかなり普及してきているとは言え、未だ発展途上にある。築年数の古いマンションなどに新たに設置するのはスペース的にも難しい面もある。外部のコンビニや宅配ボックスを利用するのも、家から至近距離にない限り余り便利とは言えない。

 

こうして見るとこの置き配バッグ(OKIPPA)は、マンションや戸建ての場合も、玄関口で荷物を受け取ることができ、しかも廉価で買取りできるメリットがある。

 

宅配ボックスは、今後新たに建築されるマンション等には設置されるであろうが、OKIPPAは既存の古いマンションや戸建て住宅に多く普及して行くものと思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください