【食材を配達する仕事がコロナウイルスの影響で転職する人におススメの理由】

転職先を探すビジネスマン

会社の倒産、契約期間の満了、リストラなど、自分の意志に拘わらず転職せざるを得ない場合があります。

逆に自分の意志で転職を考えることもあるでしょう。

いずれにしても、転職を決意したならば、転職先をどうやって探すかが問題です。

ここでは、転職を決意したときにあなたに合った転職先を紹介してくれる「転職エージェント」について詳しくご照会致します。

転職をしよう、転職をしたい、と考える時はどんなときでしょうか?

それぞれ人によって異なった理由がありますが、その殆んどは次の➀~➃のどれかに該当するのではないでしょうか?

➀ 給与に不満がある

➁ 残業が多く休日が少ない

➂ 上司や同僚とソリが合わない

➃ 会社がブラック企業だ

この他にも、転勤したくない、昇進が望めない、ノルマが厳しい、他にやりたい仕事がある、風通しが悪いなどの理由も挙げられます。

転職の結論を出す前にちょっと考えてみませんか?

あなたが現在の会社に入社したときのことを思い出してみてください。

自分の一生を預けても良いと思ったのではないでしょうか?

自分の将来像を描きながら希望に燃えていたのではないでしょうか?

それが何故?転職をしたいと考えるようになったのでしょう。

転職しようとしている理由を自己分析してみましょう

転職をしたいと考えるようになった経緯を自分なりに分析してみましょう。

➀ 給与に不満がある場合

現在の自分の会社への貢献度を冷静に分析してください。自己評価が高すぎて給与の高望みをしてはいませんか?

➁ 残業が多く休日が少ない場合

自分の仕事が遅いから残業しなくてはならないということはありませんか?

ブラック企業でない限り会社は社員を残業させればその分の時間外手当を支払わなければなりません。

会社も可能な限り時間内に業務を終えて欲しいと思っているはずです。

➂ 上司や同僚とソリが合わない

自分がすべて正しくて上司や同僚が悪いのでしょうか? 自分も変わろうとする意識を持てませんか?

➃ 会社がブラック企業だ

残業をしても残業代は払ってくれない。

セクハラ、パワハラだらけのブラック企業の場合、内部、外部通報制度を利用して改善を図るという方法もあります。

しかし、こうした会社は「通報者」を保護するどころか、「タレコミをした」として個人的に追及されそうです。

こういう会社は早く辞めた方が良さそうです。

管理人の一言

会社を辞めたいと思ったらどんな理由にせよ自分の気持ちを変えてその会社で向上心をもって仕事をすることは難しいです。

仕事を続ければモチベーションが低下して給料を稼ぐためだけに会社に行っている。ということになってしまいます。

➀ 仕事への向上心は度外視で給料を稼ぐためだけと割り切るか 

例)自分の為ではなく家族のために働いている、とは良く聞く理由です。

➁ 転職して新しい道を見つけるか?

この2択しかありません。

個人的な意見ですが、家族であろうと人の為に嫌な仕事を続ける、と言うのは無理があるように思えます。

転職をするか否かの判断

転職を検討する際に注意しなければならないのは、転職した先で現在と同じような問題が起こるかも知れないということです。

或いは、再就職先において、再度転職しなければならないような別の問題が生じるかもしれません。

「あっちの水は甘い」と考えること自体が甘いです。

給与面については、自分の希望に沿った条件の転職先が見つかれば不満は解消できます。

しかし、給料は仕事への対価なので転職先で評価されなければ給料は下がります。

上司や同僚とソリが合うかどうかは実際に働いてみなければ分かりません。

しかし、「人間3人いれば派閥が生まれる」という言葉がありますが上司や同僚と完璧にうまくやっていく、なんてことはありえません。

その他、転職の理由となった事項についても一定期間働いてみなければわかりません。

せっかく転職はしてみたけれど、以前の職場の方が良かったといって給料が安くなって出戻ることもあり得ます。

(私が佐川急便に在籍していた時も啖呵を切って退職して暫くしてから安くなった給料で出戻る、という人を何人も見ました)

転職をしたいと考えるようになってからも、多少の時間をかけて冷静に現状の分析を行うべきです。

その結果、やはり転職の決意をしたのであれば、次は前へ進むのみです。

退職から退職後の手続き

会社の就業規則には退職届提出の期限が定められています。

法律では「14日以上前」となっていますが、30日前という会社もあります。必ずこの期限は守りましょう。

社会保険任意継続手続き

会社が加入している社会保険を退社後も2年間継続して利用できる制度です。

これを怠ると「国民健康保険」に個人で加入しなくてはなりません。

保険料も社会保険に比べて割高です。

これは退社手続きの際に人事、総務の担当者が教えてくれるはずです。

離職票をハローワークに提出する

これは、失業保険(失業手当)申請に必要な重要書類です。

いつ再就職できるか分からない状況ですから、必ず失業保険の申請はしておくべきです。

この際、退職理由が問題です。

自己都合の場合と会社都合、正当な理由あり、の場合とでは手当ての受給スピードが異なります。

自己都合による退職の場合は、受給に2~3ヶ月以上かかりますが、会社都合、正当な理由有りの場合は1ヶ月以内に受給できることもあります。

自己都合ではあるが、正当な理由とは?

・ 配偶者の転勤同行で通勤不可能または困難なため

・ 家族の介護のため

・ 疾病による就業困難など

退職を決めたら、いかに上手に辞めるかを考えましょう。

軽自動車運送事業(黒ナンバー)の開業がおススメの理由

転職先を探すにはいくつかの方法があります。

・  ハローワークの求人情報

・  求人情報誌

・  インターネットの求人情報

・  転職エージェント 等々

上記のいずれの場合も、転職の紹介等の為に金銭の支払いが生じることはありません。

従って、色々な企業の情報をもっている「転職エージェント」に頼ることもオススメです。

管理人の一言

私がおススメしたいのは、軽自動車を一台購入して(私の知り合いはヤフオクで11万円で購入した、と言ってました。見せてもらいましたが良い車です)法人でも個人事業主でもどちらでも構わないので軽自動車運送事業をやることを検討しても良いのではないでしょうか?

こういう話をすると「会社に在籍していた方が保障あるから…」とかいう人がいますが、会社があなたの人生を真剣に考えてくれているのでしょうか?

保険や年金を心配するのであれば民間の保険会社に相談して人生プランを作ってもらえば良いだけの事です。

多くの会社は利益を上げるためにあなたを利用しているに過ぎないと思います。

コロナウイルスの騒動でも改めて実感しましたが、ライフラインに直結する物流(とりわけUber Eats、アマゾンプライム、生協などに代表される食材の配送)は災害にも強い職業です。

近年、黒ナンバー取得者が激増していますので、陸運への届け出だけで開業できる軽自動車運送事業は見直される可能性があると考えています。

開業するのが面倒くさくなる前に軽自動車運送事業の届け出をしておくことをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.