Amazonは本当にお得!?割を食うドライバーが続出中

Amazonといえば「日本の物流を変えた」「世界の新しいショッピングのシステム」など、賛美の声には事欠かない。

確かにAmazonのおかげでECサイトに活気があるのは事実だ。

 

また、それまでECサイトに懐疑的だったものの、Amazonの躍進を見てECサイトに本腰を入れた日本の企業も多々あるだろう。

 

だがそれはAmazonが凄かった訳ではない。

 

手前みそかもしれないが、つまりは日本の物流がAmazonの過度な期待…いわばこれまで日本の企業が善意、良識、伝統等から「求めてこなかったライン」を外資特有の「合理性」によって壊しただけに過ぎない。

 

結果、ネットでの商品を安く速く購入できるようになった消費者は得をしているかもしれないが、割を食っているのがドライバーだ。

 

当日配送ドライバーへの要求

ヤマトや佐川に「NO」を突き付けられたAmazonは「デリバリープロバイダ(以下DP)」と呼ばれる「当日配送」のドライバーを組織。

 

もちろんAmazonが運送会社を経営して…ということではなく、委託等を活用しているだけに過ぎないのだが、AmazonからDPには1時間で平均9個の配送を要求している。

 

ちなみに、これは報告制で、もしもこのアベレージを下回るようなことになればDPを入れ替えることもあるとか。

 

「1時間に9個」ということは、単純に6分から7分に1個配達しなければならない。

 

ドライバー経験がない方でも、少し考えればこの要求がどれだけ「おかしな」ものなのかが分かるはず。

 

もちろん立地によって要求アベレージは異なるかと思うが、一軒家の多い住宅地では、この数字はかなり厳しいだろう。

 

ちなみにDPは新規の協力会社には最初の3か月、車両1台につき1日2万数千円を支払ってくれるのだが、その後は1個200円となるようだ。

 

もちろんこれはあくまでもDPから協力会社への料金になるのでドライバーの「手取り」がこれより低いのは言うまでもない。

 

Amazonの利便性はドライバーの犠牲の上で成り立っている

Amazonはとても便利だ。

 

その点に関しては異論はないが、結局、Amazonが便利なのも、それ以上に不便を被っている人がいるからなのは間違いない。

 

ヤマトがAmazonから撤退するかという話はヤマトが大手だからこそニュースにもなったし、そのおかげでAmazonがどれだけヤマトに理不尽な要求をしているのかも白日の下に晒されることになった。

 

だがそれは結局終わった話ではなく、Amazonの「ターゲット」がヤマトから他に移っただけで、DPに協力している中小、あるいは個人のドライバーが割を食う形になっている。

 

更にはこうしたAmazonの動きには他の小売り・流通も追随せざるを得ない。

 

消費者はどうしてもAmazonと比較する。

 

AmazonでできていることができないECサイト等に対して「Amazonではできてるのに」「それならAmazonでいいや」となる。

 

すると、結局小売りは値段ではなく、「如何に早く届けるのか」になるので商品の値段よりも物流に対してアプローチせざるを得ない。

 

「もっと早く届けられないか」「もっと安くならないか」等だ。

 

結局、Amazonが便利なのではなく、ただ単にそれまで上手く形成されていた「企業(配送主)・物流・消費者」のバランスが崩れただけに過ぎない。

 

ヤマトや佐川は良いが…

ヤマトや佐川といった大手であれば、まだ良いだろう。

 

大手の会社は「大手」の信頼を掲げているし、特に昨今はSNSのおかげで思わぬ形で労働形態に非難が寄せられることもある。

 

また、機能しているかどうかはともかく労組もあるだろう。

 

しかし中小や個人となれば話は別だ。

 

守ってくれるべき存在もなければ、「無理なら他にする」という圧力の中で仕事をこなさなければならないのだ。

 

ましてや先にも挙げたように、平均アベレージを達成できなければ容赦なく変えられてしまう。

 

ドライバーのプレッシャーは半端ないものであることは容易に想像できる。

 

Amazonはいろいろなものを破壊している

Amazonに関しては日本だけではなく、世界の各地で法人税の問題が挙がっている。

 

簡単に言えばAmazonは「倉庫だ」と。

 

商売をしているのではなく、倉庫を出しているだけとのことで、法人税の額が信じられないくらい安い。

 

だからこそ安くできる側面もあるだろう。

 

その点は物流とはあまり関係ないのでここであれこれ論じるつもりはないが、商業や流通のみならず、物流業者も「破壊」しようとしている。

 

もちろんAmazon側にも見解はあるだろう。

 

だが、Amazonの要求を全て呑んでいたら、待っているのはドライバーの更なる低賃金化だ。

 

Amazonは「消費者ファースト」はよく分かるが、問題なのはそれが様々な犠牲の上に成り立っている点だろう。

 

Amazonが軽んじているドライバーも、仕事を離れれば「一消費者」になる。

 

Amazonからあれこれ言われた物流業界は、仕事を終えて消費者に戻った時、果たしてAmazonを利用するものだろうか…。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください