【ヤマト運輸の専門派遣会社?】「ヤマトスタッフサプライ」とは?

タクシー業界を始めとして運送業界の人手不足は深刻です。ヤマトホールディングスでも人材確保のために様々な仕事を提供できる会社としてヤマト・スタッフ・サプライ(YSS)がある。➔ ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社check

 

通称「YSS」と称されていてヤマト運輸の正規のドライバーとは異なった働き方ができるシステムを提供しています。(主に個人事業主)

 

ヤマト・スタッフ・サプライとは?

 

ヤマト・スタッフ・サプライは基本的にはヤマトグループOBを中心として構成されていますが、決してヤマト運輸OBに限定しているわけではありません。。

 

当初はそれなりに登録基準も厳しかったようですが、時代と共に人材確保のためにヤマトホールディングス内での人材派遣会社的な役割を担っています。

 

ヤマトホールディングスはドライバーの仕事を始めとして様々な仕事がありますので、ヤマト・スタッフ・サプライ(YSS)に登録することで様々な仕事を紹介してもらえます。

 

ドライバーとしても働けます

 

もちろんドライバーとしても働けます。

 

登録制(契約)なので「副業」として、あるいは「フランチャイズ」としてなど自分の好きなスタイルで働くことが可能です。(登録は個人事業主として登録されます)

 

ヤマト・スタッフ・サプライ(YSS)の利点は、あくまでも「自分のスタイル」で働ける点にあります。(個人事業主なので当然と言えば当然ですが・・・)

 

ヤマト運輸でドライバーとして働く場合は、会社の都合を最優先にしなければなならないことは言うまでもありません。しかし、ヤマト・スタッフ・サプライ(YSS)の場合は、自分を優先することができ(個人事業主)、身を粉にしてボロボロになりながらドライバーとして働くのではなく、自分の好きなスタイルで働くことができます。

 

とはいえ、やはりある程度はどうしても「会社の事情」が絡んでくることは避けられません。自分ではマイペースで働きたいと思っていたとしても、荷物量が多くなればそれなりに無理をして働かざるを得ないこともあります。逆に仕事がない閑散期には仕事が出来ないこともあります。

 

良く言えば「自由なスタイル」ですが、悪く言えば「上手く利用される」といったことは否めません。そうだとしても、こういったスタイルが向いている人にとっては選択肢の一つとして検討の余地はあるところでしょう。

 

人手がいない中では重宝されている

 

ヤマト・スタッフ・サプライ(YSS)は人手不足が続いている現状では重宝されています。

 

時にはベース作業に、時には引っ越し作業員にと何かしらの仕事を与えてくれます。

 

もちろんこれは強制されるものではなく、あくまでも、やる・やらないは自由意志によるものです。

 

より稼ぎたいのであればドライバー以外の仕事にも積極的に取り組むことができますし、ドライバーのみに集中したいのであれば、ベース作業や引っ越し作業から声が掛かっても断ることもできます。

 

条件は良いのか悪いのか

 

YSSの条件が良いのか悪いのかについては、一概には判断することはできません。

 

なぜなら、YSSに登録することで、どのような仕事に従事するのかは自分の自由意志だからです。登録することで、様々な仕事にエントリーが可能となります。ほぼフルタイムで働かなければならない所もあれば、ちょっとしたアルバイト感覚で働ける所もあります。

 

但し、すべて基本的には「時給制」です。

 

正規雇用並みの保証を求めているのであればあまり魅力的とは言えませんが、副業、あるいは年齢的に他の仕事ができないといった事情がある人であればピッタリと言えます。

 

最近の傾向としては…

 

最近の傾向としては人材不足を反映してか、短時間勤務よりもフルタイムでの仕事が多いようです。

 

そのため、「軽く働きたい」「自分のペースで働きたい」というのが難しくなりつつあります。

 

会社としては、働くからには準社員的にしっかりと働いてもらいたいと考えているため、なかなか上手く折り合いが付かないケースも多々見られます。

 

残念ながらYSSでどれだけ頑張ったとしても決して正社員への道は開けません。

 

そもそも、YSSそのものが「OBを中心に」生まれたものなので、そのような道を考える必要がなかったからです。

 

通常の派遣業務の場合、長く働いていればいずれは正社員への道も見えてくるものですが、YSSに関しては残念ながらどれだけ働いたとしても、立場は変わりません。どんな部署であっても正社員として働きたい人には向いていません。

 

いずれはヤマト運輸の正社員ドライバーになりたいと考えているのであれば、最初から正社員登用してもらうのが近道です。ましてや、最近はドライバー不足が深刻な状況なので、ドライバーの応募は歓迎されるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください