【東名「煽り運転(あおり運転)」で罰則強化】危険運転致死罪適用?で運送業も要注意!

2018年12月、2017年の6月に東名高速道路にて煽り運転を繰り返していた被告の裁判が行われて懲役23年が求刑された。

 

今回の件に関して被告を擁護することは一切できない。

 

「たまたま形式的に煽り運転のようになってしまった」ではなく、明らかに嫌がらせとして煽り運転を繰り返していたのだ。

 

さらに被告はこの件だけではなく、他でも煽り運転を繰り返すなど常習性も指摘されている。

 

遺族感情とすれば求刑23年でさえ「その程度」にしか思えないものだろう。

 

今回被告は普通の車を運転していた一般ドライバーだが、煽り運転は運送業者も気を付けなければならない。

 

むしろ他のドライバー以上に意識しなければならないだろう。

ドライバーのイメージが…?

これはあくまでも「世間一般の」イメージになるが、ドライバーはどうしても「ヤンチャ」「威勢がいい」「怖そう」といったイメージを持たれている。

 

確かに他の業種と比べれば外見が自由ということもあり、金髪・金のネックレスなども珍しくない。

 

ヤマトや佐川のような大手の配送のドライバーにはまずいないが、中小や個人の、さらにはお客相手ではなくダンプや長距離のドライバーは、まだまだそういった世間の「ステレオタイプ」なドライバーも多い。

 

また、何かあればクラクションを鳴り響かせたり、高速道路で少し自分が気に入らないドライバーがいれば無理な割込みをしたり、それこそ煽り運転をするドライバーもいる。

 

もちろんそういったドライバーは少数派で、多くのドライバーはそのようなことはしないが、それでも「悪目立ち」という言葉もあるように、一部のマナーの悪いドライバーの素行の悪さのおかげでドライバー全体がまるで「悪い人間ばかり」というイメージを持っている人もいる。

 

そのような人々にとっては長距離のドライバーであれヤマトや佐川の配送ドライバーであれ、ドライバーはドライバーだ。

 

何かあれば虎視眈々と「すぐにでもクレームを入れてやろう」と狙っている人もいるだろう。

 

つまり、少しでも煽り運転の素振りを見せようものなら、ドライバーとしては本当に煽ったつもりがなかったとしても警察に通報されて…といったことにもなりかねない。

 

煽り運転のつもりがなくとも…

運送業の場合、特に気を付けなければならない点がもう一つある。

 

それは、一般ドライバーがトラックに対してそこまで理解していない点にある。

 

例えばトラックは積載量によってアクセルワークが変わるのは運送業にとっては当たり前でも、馴染みのない人にとっては知らないこと。

 

積載量が多ければアクセルもどうしても深く踏み込まなければならない。

 

さらに言えば、一度ブレーキをかけて減速すると再び一定速度まで上げるためにアクセルをより強く踏まなければならない。

 

積載している荷物次第では、あまり速度を上下動させるのが好ましくなく、できれば一定の速度で巡行したいと思っているドライバーは多いだろう。

 

そのため、なるべくブレーキをかけないようにとか、あるいはまずはアクセルを踏んで速度を出すという時、ともすれば普通のドライバーに接近してしまうケースもある。

 

その際、一般ドライバーとすれば「煽られている?」と思うかもしれないだろう。

「煽られる側」になるリスクも潜んでいる

無意識のうちに「煽ったような形」になってしまうケースもあれば、逆に煽られる側になるケースもある。

 

先にもお伝えしたように、トラックは積載量次第ではなかなか速度が出ない。

 

だが、自分以上に重い荷物を積んでいるトラックが前にいる場合、高速道路では一時的に追い越し車線に出なければならない。

 

その際、一般ドライバーからすると「ちんたら走っているトラック」と思われ、さらにはすぐに走行車線に戻ろうにも十分な速度が出ていなかったり、あるいは追い抜いたトラックと十分な距離が保てていないので走行車線に戻れないケースも。

 

結果的に一般ドライバーからすれば「追い越し車線をちんたら走っているトラック」と思われてともすれば煽られる側になることもある。

煽り運転はしないのは当然だが…

煽り運転をしないためには「煽り運転をしません」だけではなく、前後に一般ドライバーがいる場合にはやはりそれなりに気を付けなければならない。

 

トラックドライバー同士であれば暗黙の了解で理解できることも、一般ドライバーにとっては「急に近付いてきた」になるし、追い越し車線から走行車線に戻れなければ「ちんたら走っている」になってしまう。

 

煽り運転に対し、しばし「煽られる側が悪い」という声もあるが、例えそのようなつもりがないとしても、どうしてもトラックの場合走行車線に戻れないと「わざとこっちを邪魔しているんじゃないか」と思う人間がいるのも事実だ。

 

結局は気持ちの問題になるが、トラックの場合、どうしてもネガティブなイメージを持っている人もいるので何かあれば「煽り運転だ!」になってしまうこともある。

 

そのためにも、特に高速道路では「トラックドライバーの暗黙の了解」だけで考えるのではなく、トラックのことをよく分かっていない一般ドライバーが多いこと、そして追い越し車線と走行車線の車線変更に際してはより一層広い視野を持つことが求められるだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください