【高校生になったら甲子園!】憧れのスーパーヒーロー清原和博に凡人が物申すな!

2017年10月26日、プロ野球ドラフト会議があった。

 

2017年ドラフト会議をチェック!2017年ドラフト会議check

 

今年の注目は、なんといっても清宮幸太郎だろう。

 

高校通算111本塁打は、ずば抜けている。

 

だが、私にとっての高校野球のスーパーヒーローは、PL学園の桑田真澄であり清原和博だった。

 

親父が、大の巨人ファンということもあり物心ついた時には、王貞治の一本足打法の真似をしていた。

 

小学生の頃の遊びは、野球がメインだった。

 

私は、東京出身ということもあり高校野球は、当時、荒木大輔を擁する早稲田実業のファンだった。

 

そんなスーパースター荒木大輔が、徳島池田高校の水野、江上にこてんぱんに打たれて負ける姿は、子供心にショックを受けた。

 

それからというもの、アンチ池田高校になった。

 

高校生になったら甲子園を目指したい!

 

私が中学2年生の時、1984年、夏の大会、準々決勝、PL学園対池田高校。

 

私にとってのヒーロー荒木大輔を負かした、あの憎っくき水野、江上を倒してくれ!と、テレビにかじりついてPL学園を応援していたのを覚えている。

 

子供心に「逆転のPL」という言葉は、知っていた。

 

当時、桑田も清原も東京では無名で勝てる根拠なんて何もなかったが、何かやってくれそうな予感みたいなものがあった。

 

PL学園7-0池田高校、という試合結果と2人ともまだ高校1年生だということに衝撃を受けた。

 

ヒーローの敵をとってくれたのが、桑田であり、清原和博だった。

 

その時から桑田、清原のファンになり、私は、高校3年間、野球に明け暮れることになるが、私の人生にも大きな影響を与えてくれた。

 

スーパーヒーローに物申してんじゃね~!

 

例え、覚醒剤を使用して逮捕されようが、私にとって清原和博は、永遠のスーパーヒーローだ。

 

1年前、逮捕された時、連日ニュースで取り上げられてコメントを求められた若い学生が、「体を治して、更生してもらいたい」とコメントしていことにむかっ腹が立った。

 

岡本、「何をお前は、上から目線で物言っとるんじゃボケ~」と、言ってやりたい。

 

ニュースを見ていると、それに近いコメントを言う奴が多く、凄く不快に思った。

 

そういう奴に、問いたい。

 

「あなたは、生まれてから、あの清原和博を超える程、努力をしてきましたか?」

 

この問い掛けに自信を持ってイエス!、と言える人しか「あ~だ、こ~だ」言えない、と思う。

 

コメントを求められて話せる人がいるとしたら、同等の立場である弁護をしてくれた佐々木さんや、高校時代からの盟友である桑田さんや、プロ野球関係者、昔から清原和博を知っている人だけだろう。

 

私は、人生色んな事があったっていいと思う。

 

別に人を殺めた訳じゃないんだし、そんなに騒ぐことなのか?、とも思う。

 

ホームランアーチストは、芸術家なんだから、凡人には到底理解できない感性があるんだから、そういう魔が差すような時もあるだろう。

 

高校野球の地区大会が近づく7月になると、毎年中学、高校の頃を思い出す。

 

そんな良き思い出に多大な影響を与えてくれた清原和博は、私にとって憧れのスーパーヒーローだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください