【ソフトバンクの通信障害は「対岸の火事」ではない】運送業界も不測の事態に備えが必要だ

2018年12月6日午後、ソフトバンク・ワイモバイルなどの携帯電話、スマートフォンで通信障害が発生した。

 

およそ3,000万回線がネットに接続できなくなり、様々な分野で影響が出たということだ。

 

携帯電話やスマートフォンがこれだけ普及した現代に、スマートフォンが接続できなくなってしまったとなれば大問題だ。

 

普段は当たり前のように使っているものが使えなくなってしまえば、大きなトラブルが発生することは誰でもが容易に想像できること。

 

この問題は運送業界にとっても「対岸の火事」ではない。

 

佐川急便では、通信障害によりお客様と連絡ができなくなったり、再配達ができなくなるなどの実害も発生したとこのこと。

 

こうした点では通信業界と運送業界はどこか似ている部分があるように思える。

 

民間企業だけどもはや「社会インフラ」

 

ソフトバンクだけではなく、auやdocomoは民間企業である。

 

営利を追求する一方で、国から通信事業者としての免許を受け企業活動を行っているので、「社会インフラ」を担っているという側面がある。

 

今回はおよそ4時間半で修復できたが、もしもそれ以上長時間に及んでいたらと思うとぞっとする。ソフトバンクだけではなくauやdocomoも同時に接続できなくなっていたら社会全体がマヒしていたかもしれない。

 

これは運送業界も同じ。

 

ヤマト運輸や佐川急便といった大規模な運送業者も民間企業として営利を追求する一方
で、運送業という社会インフラを担っているといえる。 

 

例えばヤマト運輸や佐川急便のシステムに何かしらの異常が発生し、トラックを動かせない事態になった場合、今回のソフトバンクの通信傷害と同様に、社会全体に大きな影響を与えることが懸念される。

 

運送業界は通販を扱っているだけではなく、企業の荷物も扱っているので、「買った商品が届かないだけ」では済まない事態になる。

 

そもそも、ネット通販で販売している業者にとって、運送業者が操業不能状態になってしまったら、それこそ「どうすることもできない」。まさに今回のソフトバンクの通信障害と同じことが起きてしまいうことになる。

 

そして、通信障害と運送業界の操業不能が同時に発生したら、もはやこの国の経済そのものが停止してしまう言っても過言ではなかろう。

 

ソフトバンクは何が問題だった?

 

今回のソフトバンクの通信障害は国内だけではなく、エリクソン社のネットワークプログラムを使っていた通信会社で起きた世界的障害であったとのことだ。

 

元々ソフトバンクはauやdocomoと比べて速度が遅い、電波が入りにくいといった声は常日頃からあったのだが、今回に関してはソフトバンクのみの過失とは言い切れないようだ。

 

だからといって「ソフトバンクには責任はない」とまで擁護することはできない。運送業界にとってもこの問題は見習うべき点が多々あるのではないかと考えられれる。

 

運送業界も「対岸の火事」ではない

 

まず、今回のソフトバンクはこのようなトラブルを一切想定していなかったふしがある。

 

さみなければ時間半もの間通信ができなくなるとは考えられない。

 

ソフトバンクとしては「もしも」という緊急事態は何パターン、何十パターンと想定していたことと思う。

 

それでもこのような「想定外」が起きてしまい、その「想定外の通信障害」によって社会に大きなダメージを与えてしまうことになった。

 

運送業界も同じような事態にならぬよう、様々な状況を想定しているはずである。

 

しかし、思いもよらぬ形で起きるから「想定外」なのだ。

 

想定外の事態にならぬようにするのは殆ど不可能に近い。

 

緊急事態が発生したときにそれをいかに乗り切るのか、を考えなければならない。

 

ソフトバンクの通信障害で時間がかかったのはこの点も大きかったのではなかろうか。

 

もちろん通信事業は複雑なので何が原因なのかを特定するだけでも時間がかかることだろう。

 

それでもやはり「緊急事態に備える姿勢が整っていれば、さすがに4時間半もの間ネットに接続できなくなるということは回避できたのではなかろうか。

 

運送業界に懸念されることとは?

 

では運送業界に懸念されることとは何だろう。

 

まずその第1は単純に燃料の問題。

 

ガソリンは企業努力に関係なく、国際情勢の変化によって一気にその価格が乱高下する。

 

そして次には天候を含めた自然現象だ。

 

普段通っている道路が使えなくなるようなことは、2018年に発生した多くの自然災害でも証明されている。実際にそのようなシチュエーションに遭遇したドライバーも多いだろう。

 

洪水・地震等によってそれまで「当たり前」のように通行していた道路が通れなくなったとしても、「いつもの道路が通れないので直るのを待つ」では通用しない。

 

会社としてはもちろんだが、ドライバーとしても「想定外」はいつ起きるか分からないのだということをしっかりと心の片隅に置いておくべきだ。

 

今回のソフトバンクの通信障害が起きる前まで、4時間半にも及ぶ通信障害を想定していた人は誰もいなかったであろう。

 

だからこそ運送業の関係者も「そんなことはあり得ない」と思うような「想定外」も想定しておかなければならない。

 

まさに「備えあれば患いなし」だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください