【2019年運送会社平均年収ランキング】就職・転職の企業選択!

運送業界は人手不足です。

 

近年の人手不足の厄介な点として、少子高齢化の影響により、現在が不足のピークではなく、さらに人手不足が加速していくことが予想されます。

 

そもそも運送業界だけではなく、多くの産業に於いて人手不足に陥っていますので、運送業界としても人手の確保が急務です。

 

そのため、多くの運送会社では給料や福利厚生など、労働環境の改善に着手。

 

日通が法律よりも一年も前倒しで同一労働同一賃金を導入したのも、やはり人手不足改善をと考えてのこと。

 

しかし、裏を返せば「仕事を探している人」にとって、今の状況は決して悪いものではありません。

 

そこで、運送業界の平均年収をチェックしてみました。

 

この数字を見れば、「転職先」としてどこが魅力なのかが見えてくるのではないでしょうか。

1位・ヤマトホールディングス株式会社

平均年収866万円と、さすがに「大手」としての数字を発揮してくれています。

 

ヤマトホールディングスの強みは「大手」である点です。

 

特に近年は何かとデリケートな時代です。

 

ヤマトとしても「ヤマトホールディングス」の看板に泥を塗るようなことを避けたいと考えていますので、従業員の環境が悪いと「ヤマトは環境が悪い」との評判が立つことになります。

 

その点を恐れているため、近年は環境改善に着手しています。

 

また、大手とあって福利厚生が充実している点も特徴です。

 

ドライバーの場合、家族手当や住宅手当など、給与所得以外の手当が充実しているため、「総支給額」は平均年収が示すように、高めを推移しています。

 

ヤマトは様々な部門がありますので、ドライバーとして入社しても以降は違う部署に配属されることも可能ですし、大きな会社とあって入社してから「こういったことをやってみたいな」と思うこともあるでしょう。

2位・株式会社日立物流

平均年収773万円と、こちらも高い水準を誇る日立及び佐川グループの物流会社です。

 

残業が多いため、平均年収以上稼いでいる人間も珍しくないほど。

 

また、日立、さらには佐川のグループとあって仕事が安定している点や、こちらもヤマト同様大企業のグループであるが故に環境も整えられています。

 

こちらもまた、本部へのキャリアアップもありますので、入社してから自分のやりたいことが見つかるケースも。

 

物流会社になりますので、フォークリフトの免許があると重宝されます。

3位・株式会社近鉄エクスプレス

平均年収734万円を誇るのがこちらです。

 

名前から、近鉄グループと思われがちですが実際には独立した運送会社です。

 

確かに当初は近鉄グループの国際貨物部門だったのですが、皮肉にもグループを離脱してから飛躍することになりました。

 

国際海上貨物輸送、貨物輸送、さらにはロジステイイクス部門など、グローバルに展開している企業です。

 

コンテナを運ぶことが多いのでけん引免許があると重宝されるでしょう。

 

タイ、インド、中国といった経済成長が著しい地域への輸出に携わっていることから、安定感と成長率の双方が両立している企業です。

4位・郵船ロジスティクス株式会社

平均年収709万円のこちらは物流の総合サービスです。

 

こちらもまた、グローバルな展開が目立つ会社です。

 

総合物流とあって様々なお仕事がある点が魅力です。

 

倉庫内作業であればフォークリフトの免許があると重宝してもらえますが、大企業とあって自分に合った部署が待っています。

 

実は売上高に関して言えば日本通運、近鉄エクスプレス、山九に次ぐ国内4位。

 

仕事・収入共に安定感が魅力の企業です。

5位・SBSホールディングス株式会社

配送から倉庫・物流センターなど物流・運送に総合的に取り組んでいる企業です。

 

1987年設立と、他の企業と比べると比較的新しい会社ではありますが、従業員の平均年収は679万円と高水準です。

 

総合物流サービスとあって、ドライバーやオペレーターなど広く募集しています。

 

大型免許やフォークリフトの資格があると重宝されますが、様々な仕事があるのでそれらがないとしても、決して「絶対に無理」ではありません。

物流・運送業への転職を考えているなら

ランキング形式で物流・運送業界の年収の高い企業を紹介させていただきました。

 

もちろんあくまでも「平均」ではあるものの、全体的に高年収となっていることに気づかされるのではないでしょうか。

 

さらには収入もさることながら、福利厚生等、収入以外の「労働環境」も整えられています。

 

有給休暇の取得率、残業の有無など、近年の労働者が求める環境を察知し、どうすれば「働いてくれる人が集まるのか」を考えてくれています。

 

転職の際の指標はどうしても額面になってしまいがちですが、額面以外の部分もチェックすることが大切です。

 

特に近年はいわば「売り手市場」です。

 

企業から選ばれる側ではなく、企業を選べる時代となっていますので、「自分の理想」をしっかりと見据えた上で、転職先を考えてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください