【セルフガソリンスタンドで軽自動車に軽油を給油】意外と知らないレギュラー・ハイオクの特性

ガソリンを出来るだけ安く給油するための方法の1つとして「セルフ式スタンド」があります。しかし、給油の際にガソリンと軽油を間違えるケースが急増しているといいます。軽自動車には「軽油」を給油するものだと思い込んでいる人もいるそうです。

 

こんな記事を見つけました。軽自動車に軽油を給油して修理費用が30万円だそうです。洒落にならないですよね・・・➔ 【軽だから安い軽油?!】軽油とガソリン、入れ間違えたらどうする? どうなる?check

 

そこで今回は、レギュラー・ハイオク・軽油の違いを解説します。

 

レギュラー・ハイオク・軽油の違いとは?

 

前回は、【トヨタ自動車が世界的な排ガス規制で罰金対象】アメリカ発のZEV規制の今後checkを解説しました。しかし、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の普及にはまだまだ時間がかかりそうです。それまでの間は、ハイブリッドカーを含めガソリンや軽油といった燃料は不可欠です。

 

ガソリンスタンドで給油する場合には、「レギュラーガソリン」「ハイオクガソリン」そして「軽油」の3種類があります。それぞれにはどのような違いがあるのか、そして、もしもセルフ式スタンドで間違って給油したら、どのような影響があるのでしょうか?

 

それぞれの元は同じく

 

ガソリンも軽油も、油田から産出した「原油を蒸留して」精製したもので、元は同じです。原油は、製油所の加熱炉でおよそ350℃に加熱され、石油蒸気になって蒸留塔に送られます。この蒸留塔は、上に行くほど温度が低くなる設計になっていて、この中に入ってきた石油蒸気を沸点の低いものから順に分けて行きます。

 

沸点30℃~180℃でガソリン、170℃~250℃で灯油、240℃~350℃で軽油が留出されます。そこに残ったものは、重油やアスファルトになります。

 

留出時の軽油は淡黄色で、ガソリンと灯油は無色透明です。ガソリンと灯油を見分ける為に、ガソリンはオレンジ色に着色されます。

 

ハイオクとレギュラーの違い

 

ひと言でいえば「オクタン価」の違いです。オクタン価とは、ガソリンに含まれる「イソオクタン」の割合を示すものです。ブリタニカ国際大百科事典によれば、イソオクタンとは、「ガソリンのアンチノック性(ノッキングしにくい性質)測定用の標準燃料のことで、オクタン価が100と規定されている。無色の液体。沸点99℃。」となっています。「高オクタン価ガソリンの配合剤として重要である」とも説明しています。

 

・ レギュラーガソリン:89以上

・ ハイオクガソリン:96以上

 

オクタン価が低いレギュラーガソリンは発火しやすく勝手に爆発を起こし、その爆発で起こる衝撃が燃焼室でキンキンという金属をノックしているような音を出します。これを「ノッキング」と言います。オクタン価が高いガソリンは着火性が低いので、ノッキングが起こりにくくなります。

 

ハイオクとレギュラーの価格の違い

 

ハイオクの方がレギュラーと比べて1ℓ当たり10円前後高くなっています。オクタン価を高めるための配合剤が含まれており、その為の手間暇も掛かっているためです。

 

レギュラーガソリン車とハイオク車の見分け方

 

自分の乗っている車のガソリンがハイオクなのかレギュラーなのかが分からないことはないでしょう。しかし、レンタカーや人の車を借りたりした場合に、どちらか分からないこともあります。通常は、給油口の内側に記載されています。

 

A3車に指定以外の燃料を入れるとどうなるか?

 

レギュラー指定の車に「ハイオク」を入れた場合

 

レギュラーガソリン車はオクタン価の低いレギュラーガソリンを使用することによって、ノッキングが発生しないように設計されています。オクタン価の高いハイオクガソリンを入れてもノッキングを起こすようなことはなく、問題はないと思われます。

 

レギュラーガソリン指定の車に「軽油」を入れた場合

 

燃料パイプにはレギュラーガソリンが残っているので、エンジンがかからないということはないでしょう。しかし、軽油はガソリンほど気化しないため、走行中に不完全燃焼になります。その結果、点火プラグが汚れ、最終的にはエンジンは停止してしまいます。

 

ハイオク指定の車に「レギュラー」を入れた場合

 

ハイオク指定の車は、オクタン価の高い燃料で最高の性能を発揮するように設計されています。従ってオクタン価の低いガソリンを給油すれば、ノッキングが発生したり、出力が低下したり、燃費が低下したりする可能性があります。

 

また、ハイオク車にレギュラーガソリンを給油すると、エンジンが破損したり、火災に繋がる恐れもあるので、ハイオクガソリン指定車・専用車にはレギュラーガソリンを使用しないように注意が必要です。

 

ハイオク指定の車に「軽油」を入れた場合

 

レギュラーガソリンを給油した場合と同様ですが、さらに症状は悪化することが予測されます。

 

軽油(ディーゼル)指定の車にレギュラー・ハイオクガソリンを入れた場合

 

ガソリンを給油した時点では、燃料パイプに残っていた軽油と混じり合いエンジンを始動することはできます。しかし、やがて馬力が落ち、白煙混じりの排気ガスが出るようになります。そして、噴射ノズルの故障によりエンジンも停止してしまいます。

 

まとめ

 

ハイオク、レギュラー、軽油それぞれ指定の燃料を使用しないと車の故障の原因になり、事故の原因にもなりかねません。燃料の補給には十分注意をしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください