【観光バスで度重なる交通事故】睡眠時無呼吸症候群は居眠り運転が5倍!

運送業、観光業だけではなく、休日での運転、身内の送迎など、ハンドルを握る全ての「ドライバー」にとって安全運転は何よりも心掛けなければならないものです。

 

ちょっとしたミスが自動車の大きなエネルギーによって重大な事故になりかねない…なんてことは今更説明するようなことではありません。

 

運送業界としてはその点をよく分かっているからこそ、近年はどの運送会社もドライバーに対して安全運転を心掛けるだけではなく、体調管理の面からサポートするところもあります。

 

当日は論外として、出勤前日の夜の飲酒を禁止している運送会社もあれば、毎日のようにドライバーに対して健康チェックを課している所も。

 

睡眠時間、栄養…など、一昔前では「ドライバーの個人の判断」に委ねていたことまで会社としてチェックしているところさえあります。

 

それだけどの運送会社も「自社のドライバーの事故」に対して敏感になっていますが、それでも見抜けない、とある症状が近年事故と関係が深いのではないかと囁かれています。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は事故の原因にもなっている?

2018年10月28日夜に横浜市西区、国道16号沿いで起きた事故。

 

まだまだ記憶に新しいかと思いますが、こちらの事故を起こして「容疑者」となってしまったドライバーは睡眠時無呼吸症候群だったとのこと。

 

他にも睡眠時無呼吸症候群のドライバーが起こしてしまった事故は多々あります。

 

一説には睡眠時無呼吸症候群のドライバーは他のドライバーと比べて事故を起こす確率が5倍になるとさ言われている程。

 

しかし、この「睡眠時無呼吸症候群」はとても厄介なものです。

 

なぜなら自覚が難しいため、まさか自分が睡眠時無呼吸症候群だとは思わないのです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは「Sleep Apnea syndrome」の頭文字から「SAS」とも略されている症状で、睡眠時に呼吸が止まってしまうのです。

 

医学的見地からは10秒以上気道の空気が止まってしまっている状態を無呼吸と定義。

 

一晩に30回、あるいは1時間あたり5回以上この状態が見られる場合には睡眠時無呼吸症候群なりますが、そもそも自分が睡眠中にどのような状態なのかは分かりません。

 

自分で気付くことができればすぐにでも改善できますが、気付かないからこそ改善という考えに至りません。

 

しかし、睡眠時無呼吸症候群は日常生活の中で「シグナル」を発するものなので、何となく自分が睡眠時無呼吸症候群なのでは…と気付くこともできます。

 

睡眠時無呼吸症候群の兆候

まず、起きている時常に眠気やだるさがあり、集中力も散漫で常に疲労がある。

 

このような人はしっかりと呼吸を伴う睡眠がとれていない可能性があります。

 

また、寝起きの際に口が乾いていたり身体が重いなと感じる人もまた、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

 

パートナーがいる場合、自分がいびきをかいていないのかを確認してみるのも良いでしょう。

 

いびきをかくことよりも、途中で急にいびきが止まったり、あるいはそこからさらにいびきをかきはじめる場合もまた、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

そもそもなぜ睡眠時無呼吸症候群になるのか。

 

様々な説があるのですが、骨格など生まれ持ったものが起因しているケースもあれば、太りすぎてしまって気道が他の人よりも狭く、塞がってしまっているような状況にあるので上手く呼吸ができなくなる点にあります。

 

首や喉廻りの脂肪の増大や扁桃肥大によって気道が圧迫され、呼吸そのものに支障をきたすということです。

 

また、少数派ではありますが脳から呼吸の指令が出なくなり、無呼吸となってしまいます。

 

こちらは心臓の機能が低下してしまうことと因果関係があるのではないかとされています。

睡眠時無呼吸症候群の予防・改善策は?

予防・改善としてまず挙げられるのが適正体重の維持です。

 

太りすぎは健康に良からぬものであることは多くの方がご存知かと思いますが、睡眠時無呼吸症候群に於いても悪影響です。

 

適正体重を維持することで体型を維持するだけでも睡眠時無呼吸症候群の立派な予防策です。

 

また、お酒も注意が必要です。

 

アルコールによって筋肉が弛緩してしまうため、首や喉廻りなど呼吸を支えるための筋肉が緩み、睡眠時無呼吸症候群を招くこともあります。

 

お酒を飲んだ時にやたらいびきをかくのもそのためです。

 

普段からお酒を飲むことが多い人はお酒の量を減らすだけでも立派な「予防」です。

 

他にも口呼吸から鼻呼吸に変えるだけでもリスク軽減に繋がりますし、仰向けよりも横向きで寝た方が気道確保ができるとも言われています。

 

「自分は関係ない」ではなく、改めてみることも

ドライバーの方々はきっと「自分には関係ない」と思うかもしれませんが、睡眠時無呼吸症候群は自覚が難しいものなので、「自分には関係ない」ではなく「もしかしたら自分も」という危機感を持つことも大切です。

 

特にドライバーの場合、睡眠時無呼吸症候群の影響が仕事中に出てしまった場合、大きな事故を巻き起こしてしまう可能性もあるのですから。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください