【転職エージェントの選び方】利用するメリットとデメリット

前回は「転職の検討と決意―そのときの転職エージェントの選び方」について解説しました。、今回は転職エージェントを利用するメリット・デメリットなどについて具体的に解説します。

 

転職エージェントを利用しないで再就職先を探す方法

 

転職エージェントを利用せずに再就職先を探すには、ハローワークの求人情報・求人雑誌・インターネットの求人情報等があるとご紹介しました。

 

ここでは転職エージェントを利用しない場合の問題点を解説します。

 

■ハローワーク 

 

ハローワークにはインターネットで大量の求人検索ができるようになっています。職員が、もちろん無料で、面接のアポや日程の調整なども手伝ってくれます。

 

しかし、ハローワークの職員は、再就職先の紹介をするだけで、それ以上には踏み込めません。彼らは転職のプロではないのです。

 

例えば、面接のアポまでは取ってくれますが、給与などの労働条件を代わりに交渉してくれたりはしません。条件交渉などは自分で行うしかありません。

 

■求人雑誌・インターネットの求人情報 

 

これらを利用とすれば、ハローワークよりももっと大変です。大量の求人情報の中から自分に向いていそうな企業を選択し、電話またはインターネットで面接のアポを取り付け、労働条件の交渉等も全て自分で行わなければなりません。

 

自分で転職活動をするメリット・デメリット

 

メリットが有るとすれば、次の三つくらいでしょう。

 

1. 自分のペースでゆっくりと活動できる

2. 誰からの指示・アドバイスも受けない

3. 自分の好きな会社に応募できる

 

反対にデメリットについては最初に説明した通りです。

 

転職エージェントは何故無料で利用できるのか

 

この答えは簡単です。エージェントは「紹介する企業から報酬を受け取っているから」です。もちろん報酬が支払われるのは最終的に採用が決定した場合です。この他にも、転職サイトに求人を掲載し、掲載料として毎月固定の契約料を支払う方式もあります。

 

転職エージェントを利用するメリット

 

転職をする決断をしたら、これからは転職先を探さなくてはなりません。ハローワークや求人雑誌などから自分で探し出すのは「労多くして益少ない」ことはお分かりいただけたと思います。

 

もちろん、転職エージェントを利用するには「メリット」だけではありません。ここでは、メリット・デメリットの両方について解説します。

 

<メリット>

 

1. 無料であること

2. 非公開の求人情報も得られる

3. 転職活動の手続等を代行してくれる

4. 待遇等の労働条件の交渉を代行してくれる

5. 面接のノウハウ等も教示してくれる

 

最大のメリットは、「キャリアアドバイザー・コンサルタント」がサポートしてくれる点です。求人の紹介、企業への応募手続き、面接の設定、待遇の交渉等を代行してくれます。

 

自分でやらなくてはならない事といったら、紹介された中から自分に適した企業を選び、あとは面接を受けるのみです。そして、これらすべては「無料」なのです。

 

それでは、転職エージェントを利用する場合のデメリットにはどんな事が考えられるでしょうか。

 

<デメリット>

 

1. 登録手続きをし、アドバイザーやコンサルタントとの面談をしなければならない

2. ノルマ達成の為にエージェントの都合で求人を決定されることがある

3. 内定後に入社のプレッシャーを与えられることがある

4. 転職サイトに掲載されている案件が「釣り案件」であることがある

5. アドバイザー・コンサルタントの能力に差がある

 

転職エージェントを利用するメリット・デメリットを列記しましたが、デメリットの理由は少々「わがまま」な感じは否めません。

 

アドバイザーと面談することによって、自分の強み・弱みも知ってもらい、自分に最適な企業を紹介してもらえるならば、面談を躊躇する理由など何も有りません。

 

エージェントの都合で求人を決定されそうになったら、その案件は断れば済むことです。

 

そして、どうしてもそのエージェントやアドバイザーと相性が悪ければ、エージェントを代えれば済むことです。

 

次回から、大手・中小の「転職エージェントの選び方」について、より具体的にご紹介します。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください