【Uber Eatsでもっと稼ぐ方法】これから副業にしようとする人必見!

今回はこの「Uber Eats」を副業として、どうやったらより稼げるかについて切り込みます。

前回記事は、コチラ➔ 【外資系企業Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)がフードデリバリー業界でサービス開始】check

 

稼げる人と稼げない人

 

自分の好きな時間帯で好きな場所で働いて気軽に報酬を得ることができるのがUber Eats(ウーバーイーツ)です。

 

ところが、実際にトライした人の口コミなどによれば、「稼げた人」と「稼げなかった人」がいます。この差はどこから来るのでしょうか? 

 

もちろん、物理的に「自転車」と「バイク」の速さの差はあるのですが、もっと大きな要因があるのです。

 

Eats(ウーバーイーツ)でもっと稼ぐコツ

 

稼げなかった人の理由は

 

・ 活動エリアの選択ミス

・ 配達時間の選択ミス

・ ママチャリで配達したので、速度が遅く体もしんどかった

 

などが挙げられます。

 

しかし、行動する前にもっと戦略を考えておけば効率的により高額の報酬を得ることも可能なのです。これからウーバーイーツを副業として稼ごうと思っている人は戦略を立てるための参考にしてください。

 

1. エリアの選択

 

ウーバーイーツでより多く稼ぐ方法は「短い時間でどの位の件数をこなせるか」にかかっていると言っても過言ではありません。

 

従って、最短距離で配達するのが一番です。その為にはいわゆる「土地勘」のある場所を選択する方が得策です。これは、土地勘があっても自分の居住地域が最適というわけではありません。

 

土地勘だけがあっても、仕事の少ない地域では意味がないからです。「土地勘があり、しかもデリバリーの需要の多い地域」を選ぶことが重要なのです。

 

需要の多そうな地域を見つけたが、土地勘がない場合はどうでしょう。その地域が本当に適していると思うのならば、自転車やバイクで周囲を視察し「土地勘」を養う方法も考えられます。

 

2. 待機場所の選択

 

配達が終わったら、できるだけ早く次の仕事をゲットするのもより多く稼ぐ方法のひとつです。タイミングよく次の配達依頼が来れば理想的ですが、いつもそうとは限りません。

 

次の仕事依頼が来るまで待機しなければなりません。当然ながら、この「待機時間」に対して報酬は一切支払われません。それには、待機時間をできるだけ短くする工夫が必要なのです。待機場所を選ぶことが大事です。

 

本部からは、通常、注文が来たレストランから距離の近い人に配達依頼が来るシステムになっています。そこで、「人気の高いレストラン・ファーストフード店」付近に待機する方法があります。

 

人気のある飲食店を調べるには「UberEatsを注文する」アプリから確認することができます。自分が選択したエリアにある飲食店を検索し「最も人気の料理」順に並べ替えをすることによって調べることができるのです。

 

同アプリによれば、多くの場合は「マクドナルド」だそうですので、これも参考にしてください。

 

3. 「ブースト」や「クエスト」を狙う

 

「ブースト」とは、前回の説明のように、夕食時などの繁忙時間帯の特別ボーナスのこと。

 

「クエスト」とは、配達の回数に応じて加算される追加報酬のことです。例えば、4回の配達で+400円、8回の配達で+1,200円といったものです。

 

これらを上手く利用すれば、稼ぎはグンと増えます。これには、同じ時間内でいかに多く配達できるか、待機時間をいかに短くできるかなどが大きく影響してきます。

 

4. 悪天候の日に配達する

 

例えば、雨の日などは需要も多い反面、配達員が少ないというメリットがあります。同時に、インセンティブであるクエストが加算される可能性が大です。

 

5. 週末や祝日に配達する

 

週末や祝日には、単純に配達の仕事が多くなるからです。ウーバーイーツのデータによれば、平日と比べると、週末の需要は80%近く多くなるとのことです。

 

同時に、ブーストとクエストの両方に期待できるので、平日よりも週末・祝日が狙い目です。

 

6. 電動自転車・スポーツタイプ自転車・原付バイクを使う

 

自転車といっても、さすがにママチャリで何キロも走ったり、坂道を走るのは疲れるし、効率もよくありません。従ってママチャリはオススメできません。

 

短時間に効率よく配達をするには、やはり、原付バイクが一番早いのでオススメです。免許を持っていない人は、電動自転車なりスポーツタイプの自転車を使いましょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)でより多く稼ぐには、とにかく、「急いで配達する」に尽きます。その為に、エリアを厳選し、待機場所を工夫し、配達回数を増やすことでインセンティブを獲得するなどの戦略が必要になってきます。

 

人よりも多く稼ごうと思うのならば、人よりも頭と体を使い、人のやらない事をやることです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください