【ハンドルを握る人は一発免停に注意】移動式オービスが全国に拡散中!

ヤマト、佐川、福山といった運送会社のドライバーだけではなく、車を運転するすべてのドライバーにとって交通ルールはしっかりと守らなければならないもの。

 

それでもついついオーバーしてしまうのは速度です。

 

「法定速度で走っていたら渋滞を招く」

 

「流れも大切」

 

といった理屈もよく分かるのですが、法定速度に対してあれこれ思う所があるにせよ、守らなければならないものであることは言うまでもありません。

 

警察としてたかだか数km/h程超えているだけでデリケートにあれこれ言ってくることはありませんし、正直な所、オービスの位置さえ覚えておけばその近辺だけ警戒して…と考えているドライバーが圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

しかしそんなオービスもまた、時代の流れと共に進化しています。

移動式オービスの登場!

高速道路にせよ一般道にせよ、「オービスの位置さえ分かっていれば」という多くのドライバーに思われていた理由はオービスが固定式だったからこそです。

 

だからこそ、場所を覚えておけばある程度速度違反を回避できました。

 

特にオービスの設置ポイントの手前には「自動速度取締機設置区間」との看板があります。

 

この看板の設置は法律によって義務付けられているものなので、オービスがどこにあるのか何となく理解できました。

 

しかしなんと!移動式のオービスが登場しています。

 

車のように移動するのではなく、人が簡単に持ち運べるという意味での「移動式オービス」です。

 

 

移動式オービスはどこにあるか分からない

ドライバーにとって移動式オービスが「厄介」な点はいくつかあります。

 

まず、人が簡単に持ち運びできてしまうものなので、それこそ毎日のように設置場所が変えられている可能性があります。

 

つまり、「あそこに新しくできたのか…」と覚えても、次の日には既に違う場所に…というケースも十分にあり得る話です。

 

さらに、移動式オービスの場合、先にご紹介した「自動速度取締機設置区間」の看板の設置義務がありません。

 

言葉は悪いですがドライバーにとっては「不意打ち」になっても、致し方ないのです…。

 

速度違反はドライバーにとって死活問題

一般ドライバーにとっては、速度違反は「運が悪かった」くらいの物かもしれません。

 

しかし運送業者にとっての速度違反は死活問題です。

 

運送業者のドライバーは、仕事中は大半の時間を運転に費やしていますので、一般のドライバーと比べても交通事故のリスクは高いです。

 

どれだけ交通事故に気を付けているとしても相手の不注意で事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

昨今増えている逆走、飲酒、無免許など、自分の努力だけではどうあがいても防げない事故に巻き込まれてしまう可能性もゼロではありませんが、もし事故に巻き込まれた場合、業務に支障をきたすことになります。

 

しかし速度違反ともなれば話は別です。

 

なぜなら速度違反の場合、免許の点数も減ってしまうからです。

 

免許の点数の減少はどのドライバーにとっても死活問題ですが、運送業のドライバーにとってはまさに「生活がかかっている」ものになりますし、やはりこれも他のドライバーと比べると当然ですが運転している時間が長い以上、速度違反となってしまう可能性もゼロではありません。

 

もちろんそこで免許停止となってしまったら、いくら「仕事だから」とはいえ、運転することはできなくなります。

 

移動式オービスに引っかからないために

ではこの移動式オービスに引っかからないためには何が必要なのか。

 

単純な話ですが、「法定速度を守る」に尽きます。

 

「移動式」とはいえ、性能はオービス従来と同じです。

 

つまり、法定速度を遵守していればあれこれ言われることはありません。

 

それまでも法定速度は決して「破っても良い物」ではありませんでしたが、オービスの有無によって油断していた人が多いのも紛れもない事実なのではないでしょうか。

 

特に昨今は荷物量の増加もあり、時間内に配達しなければならない焦りから知らず知らずのうちに速度超過になっている…というケースもあるかと思います。

 

そのような時、移動式オービスがすぐ目の前にある…ということも今後は十分に考えられることですので、改めて速度に関しては気を付けなければなりません。

 

移動式である以上、それこそいつもの配送ルートに急に設置されるケースとて有り得ない話ではないのです。

 

特にこれから12月はお歳暮のシーズン、さらには年末商戦へと続きますので、荷物量も増加します。

 

そのため、どうしてもアクセルを押し込む足にも力が入ってしまいがちです。

 

しかし、そういった季節だということは警察側もよく分かっているからこそ、移動式のオービスが「いやらしい」場所に仕掛けられることが予想されます。

 

仕事へのモチベーションを保つためにも、速度違反で切符を切られないよう、これまでのように「ここは注意」と考えるのではなく、どのエリアにもオービスがあるかもしれない…という危機感を持つことが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください