【転職エージェントの選び方】「JAC Recruitment」編

前々回は「リクルートエージェント」、前回は「ビズリーチ」についてご紹介しましたが、今回は「JAC Recruitment」(JAC)についてご紹介します。

 

「JAC Recruitment」(JAC)とは

 

正式登録名称を「株式会社ジェイ エイ シー リルートメントいいます。東京都千代田区神田神保町に本社を置き、1988年3月に設立された人材紹介事業を事業内容とする会社です。

 

JACへのログイン・登録方法

 

JACへログインできるようにするには、まず会員登録が必要です。会員登録には氏名・性別・生年月日・住所・電話番号等の必要事項を入力し、無料転職サポート登録を行います。

 

JACの登録から転職までの流れ

 

1. 会員登録 

 

上記手続きに従い登録をするとおよそ1週間程度で、登録をした電話番号かメールアドレスにJACから連絡が来ます。

 

2. 面談日程の調整

 

基本的にはJACに来社しての面談になります。どうしても遠方であるとか、仕事等の都合などで来社できない場合には、「電話での面談」も可能です。しかし、これからの人生を大きく左右するかも知れない大事なときですから万難を排して来社されるとことをオススメします。面談ができる事務所は、東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸のいずれかです

 

3. 面談

 

まずはコンサルタントとの面談です。キャリア相談転職活動の状況や今後の進め方、書類作成、希望条件、市場の状況など総合的な相談を行います。転職の目的を明確化し、応募者の真の強みや方向性をアドバイスします。

 

4. 求人の紹介

 

面談時のコンサルタントとは別の複数のコンサルタントが、求人の紹介と細かな説明をしてくれます。この点が、他の人材紹介会社の面談と差別化しているJAC独特のシステムです。それぞれの業界に精通するコンサルタントは、紹介する企業の良い点・悪い点も明確に指摘します。社内の雰囲気や経営状況、裏事情に至るまでの情報を提供してくれます。

 

多少の時間はかかりますが、重要な情報が多く盛り込まれていますので、情報収集にはもってこいの場です。提示された求人については自宅に持ち帰ってじっくりと検討しましょう。必ず応募しなければならないことはありません。

 

5. 応募~書類審査

 

興味のある求人がみつかったら、JACの担当者に電話・メール・マイページのいずれかの方法で応募の意思を伝えます。折り返し、コンサルタントが希望の企業に推薦をしてくれます。実際の書類の提出はコンサルタントが代行してくれます。

 

6. 面接

 

書類選考の状況は担当のコンサルタントが逐一連絡をしてくれます。書類選考にパスしたらいよいよ面接です、実際の面接までの間に、コンサルタントが応募する企業が重視するポイントなどについてアドバイスしてくれます。面接の日程調整もコンサルタントが代行してくれます。

 

7. 内定

 

応募企業から内定が出ると、コンサルタントが年収や入社日等の交渉も代行してくれます。特に年収などの労働条件については自分では交渉しにくい分野なので、こちらの希望・要望を受けてコンサルタントが交渉してくれるのは大変助かります。

 

8. 円満退社のサポート

 

入社が決まったら、コンサルタントが現職からの円満退社に向けアドバイスしてくれます。退職をどのように進めて行くのか、その交渉方法・準備・基本的な知識などについて様々なアドバイスをしてくれます。

 

9. 入社後のサポート

 

転職した後もサポートしてくれます。特に転職直後は各種の悩みが生じるケースも多く、新しい会社の中で相談できる状態にはありません。そんなときに転職を助けてくれたコンサルタントに相談できることは精神的支えになります。

 

JACリクルートメントの評判

 

実際にJACを通して転職を成功させた人たちの評判や口コミを分析すると以下の2点が注目されました。

 

1. コンサルタントの質が高い

 

外資系コンサルや難易度が高い面接についても、過去の質問例やノウハウを持っており、実践的なアドバイスが受けられます。これは、JACの特性でもありますが、企業担当とキャリアアドバイザーが同じ体制にあるため、コンサルタントが企業情報にとても詳しいのです。

 

2. 質の高いキャリア案件が圧倒的に多い

 

ハイキャリアの案件がとにかく多く、他の大手転職エージェントでも紹介してもらえなかった案件も多く提示されます。その代わり、そうした案件に対してはそれないのキャリアが要求されるケースも多く、応募条件が満たせない場合もあります。最低でも年収500万円以上という案件も多数見られます。

 

■【JACリクルートメント】に向いた人

 

転職市場価値の高い応募者に向いているエージェントと言えます。つまり、次のような条件を満たす応募者には最高のエージェントと言えます。

 

★高学歴(早慶・東大卒レベル)

★英語等語学力がある(TOEIC700以上など)

★技術職など特定のスキルがある

★マネジメント経験がある

★現時点で年収が500万円以上である。

 

自分にあった転職エージェントを選ぶ

 

「リクルーとエージェント」「ビズリーチ」「JACリクルートメント」と紹介してきました。これからまだまだ転職エージェントの紹介は続きます。きっとあなたにぴったりのエージェントが出てきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください